プロフィール


hoian

大石哲之(おおいしてつゆき)

ブロガー

最近はすっかりビットコインが仕事のメインを占めております。暗号通貨、ビットコイン関連の技術(ブロックチェーン)分野に特化し、革新的なサービスを世の中に広げるための、エヴァンジェリストおよび、事業のお手伝いをおこなっています。日本のビットコインスタートアップのエコシステムを作っていくために邁進しています。現在は、次の事業にかかわっています。

日本デジタルマネー協会 理事 (ビットコインおよび暗号通貨技術の普及・啓蒙、事業者交流)

ブロガー

主なテーマは、グローバリズムや、世界のフラット化です。その結果として、個人の仕事、キャリアやライフスタイルがどのように変化していくののかを研究し、各種のウェブ媒体に意見を寄稿をしています。また、電子書籍においては、自分の主張をまとめたものを積極的に書いています。

当ブログ
J-cast ニュース連載(ノマド時代のサバイバル
アゴラ(寄稿)
BLOGOS(寄稿)

著述、作家活動

著作活動では、主に、ビジネススキル、ビジネス実用書の分野で、多数の著書があります。とにかくわかりやすく書くというのが私の持ち味で、分野としては、ロジカルシンキング、問題解決、コンサルティングの本が多いです。最新作の、「コンサル一年目が学ぶこと」は4万部を突破しました。

電子書籍では、「コンサルタントの読書術」および、「英語もできないノースキルの文系学生はどうすればいいのか?」の2冊が、どちらもアマゾンKindleの総合ランキング1位を獲得しました。

ノマド研究家、実践家

現在ベトナムに住居を構え、個人的な生き方として、場所と時間と国家に囚われない生き方を実践しています。そのための仲間をつのり、情報交換を行う媒体として、オンラインサロンの<ノマド研究所>を主宰しています。350名を超える仲間がおり、日々いろいろな情報交換をしています。
21世紀を象徴する現象としての<ノマドの復権>をグローバリズムや歴史の観点からも論じています。

アートコレクター

日本では数の少ない若手の現代アートコレクターとして活動しています。日本の若手のアーティストを中心にコレクションをしており、日本のアーティストを支えて、世界とつなげていく活動をしています。世界各地のギャラリーやアートフェアに出没していますので、お会いしましょう。
また、現代アートのEC販売、現代アートマーケットの活性化を目的とした業界団体にも携わっています。

株式会社タグボート(EC販売)
一般社団法人現代アートフォーラム(業界団体)
Larry’s List Art collector Interview 
Asia Art Archive Talk at Art HK 2012

<経歴>

1975年東京生まれ。慶応大学卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社、戦略グループ所属。退社後、株式会社ジョブウェブの創業、副社長。その後、株式会社ティンバーラインパートナーズを設立、代表取締役(現職)、著作・ブロガー活動を始める。現在は、仮想通貨関連の事業をメインに関わる。

<現在の主な役職>

株式会社ティンバーラインパートナーズ代表取締役
一般社団法人 日本デジタルマネー協会 理事
株式会社タグボート 監査役
一般社団法人 現代アートフォーラム監事

<著作一覧>

「英語もできないノースキルの文系はこれからどうすべきか?」(PHP新書)
「コンサル一年めが学ぶこと」(ディスカヴァー21)
「ビットコインはどのようにして動いているのか? 数式なしでわかる仮想通貨の仕組みと技術~改ざん防止、採掘、未来の応用まで」(tyk publishing)
「ビットコインとはなにか? いちばんわかりやすいビットコインの解説本」(SBクリエイティブ)
「ビットコインの基礎知識」(tyk publishing)
「10年後の仕事のカタチ10のヒント」松井博氏との共著(tyk publishing)
「英語もできないノースキルの文系学生はどうすればいいのか?」(tyk publishing)
「普通のサラリーマンのためのグローバル転職ガイド」森山たつを氏との共著(東洋経済新報社)
「ノマド化する時代」(ディズカヴァー21)
「コンサルタントの読書術」(tyk publishing)
「パワポで極めるフレームワーク」(アスキー・メディアワークス)
「思考力が目覚めるロジカル頭脳問題集」(洋泉社 新書y)
「伝達力の基本」(日本実業出版社)
「過去問で鍛える地頭力-外資コンサルの面接試験問題」(東洋経済新報社)
「3分でわかる ロジカル・シンキングの基本」(日本実業出版社)
「3分でわかる 問題解決の基本」(日本実業出版社)
「ロジカルシンキング・リーディング」(ベストセラーズ)
「地頭力が強くなる!」(中経出版)
「改訂版よくわかるコンサルティング業界」(日本実業出版社)
「よくわかるコンサルティング業界」(日本実業出版社)

<講演など>
アカデミーヒルズ・ライブラリー「なぜ、コンサル出身のひとは圧倒的に仕事ができるのか?」
マルチメディア推進フォーラム「仮想通貨は世界共通マネーとなり得るのか」
Tokyo Coin Summit パネル「ビットコインの普及にむけた課題」
日本海賊党シリーズ「ビットコインと群峰経済」
日本デジタルマネー協会「ビットコインの仕組み入門」
Asia Art Archive Talk (Art HK 2012)

<連載・寄稿>
アゴラ言論プラットフォーム メンバー
J-CAST NEWS 「ノマド化する時代のサバイバル術」
東洋経済オンライン「21世紀に若者はどこで働くべきか」
tagboat|TOKYO ART GUIDE(アート情報誌) コレクターズガイド

<メディア>
THINK! No.51 「文系ビジネスパーソンに贈る仕事の数字力養成講座」フェルミ推定について寄稿
英語ひろば「英語もできない文系ノースキルはこれからどうすべきか?」連載を寄稿。
フジテレビ Mr.サンデー(2014/3/1) ビットコイン解説で出演
ワールドビジネスサテライト(2014/3/7) ビットコイン関連での出演
THINK! No.48 「練習問題で学ぶロジカルシンキングの基本」
「日常で出来るロジカルシンキング」STCニュース24年新年号
Larry’s List Art collector Interview 
中央公論2012-12月号「人材輩出企業の実態」
週間SPA! 2011年7月19日号「人を思い通りに動かす説得力の磨き方」
月刊CIRCUS 2011年6月号「仕事に効く3つの論理ポイント」
art_icle 2011年3月号 Art Collectors File 010
日経ビジネスアソシエ2010年08月号「超実践思考術」
日経ビジネスアソシエ2007年09月号「コンサルティング業界最新ガイドBOOK」
週刊現代2009年12/5号 「人気職業その実態コンサルタント」
日経産業新聞2009年9月1日「地頭力で解く抽象的課題」
日経産業新聞2009年11月04日「仕事に効く読書術」
週刊東洋経済2008年3月8日号「地頭力はこう鍛える」
朝日新聞「あの人とこんな話」

<仕事の依賴・連絡先>

取材、書籍・原稿の執筆、インタビュー、講演、などの依頼は、tyk(あっと)tetsuyuki.comまでお願いします。まずは、メールでお願いします。

なお、ビットコインに関する取材は直接お受けします。050-5898-5104までご連絡ください。

お受け出来るテーマ、内容

・仮想通貨、ビットコインの技術、ビジネス動向
・ロジカルシンキング、問題解決、フェルミ推定、地頭力
・コンサルティング業界、コンサルタントの仕事の解説
・現代アートの楽しみ方、コレクション、マーケット

twitter: @tyk97

facebook: http://www.facebook.com/tetsuyuki.oishi

email :   tyk あっとまーく tetsuyuki.com