ビットコインの販売を始めます。

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ビットコインの販売を始めます。

といっても、営利目的ではありません。

ビットコインに興味がある人のなかでも、では実際にビットコインを持っているかどうかというと、半数以下であることがわかりました。 やはり、日本で、日本語で、安心してコインを買えるところがないというのが大きい。

現在、取引所がいくつか立ち上がり、またATMなども稼働するという話で、そういったものがドンドンと普及していくことが大事だと思います。 一方で、ただ、どの業者が信頼できるかわからなかったり、不安があるという声もまた多いとおもいます。

そこで、対面で、確実に、その場で、ビットコインが手に入るなら買うという需要があるのではないかとおもいました。 それなら、ビットコインを買って、使ってみてもいいという人がいるとおもいます。

しばらくは、そういった、興味があるけど、手軽でないので、一歩踏み出せないという方にフォーカスします。

そこで、今週から、毎週のビットコインミートアップ(ビットコインに興味がある人のオフ会)で、私がオフィシャルにビットコインを販売します。

いわば人間ATMですw。そして、その場で対面でわたしますので、信用出来ると思います。

次回は、1BTC=約5万円のビットコインを海外から買っておいて持っていきます。 これを、ペーパーウレットという形にして、現在ウォレットを持っていない方でも、ビットコインを持っていただける形式にして販売します。 10枚つくるので、一枚5000円という形で販売します。

ご入用のかたは、ぜひミートアップにきてください。 次回は、5/1 木曜日 19:30 から、五反田のバーにて、行います。 出入り自由。キャッシュオンデリバリーで、費用は飲んだだけです。

なお、私は、21:30くらいから参加の予定です。少々遅いのですが、よろしくお願いします。

meetup: http://www.meetup.com/Tokyo-Bitcoin-Meetup-Group/events/179175462/

場所:Glade hidekyu http://r.gnavi.co.jp/ngv9zdn50000/map/

 

(販売予定のビットコインちゃん札と、クリスマスカラー札です。いずれも1/10BTC入りで、5000円とします)

CIMG9739

Ethereum エセリウム(イーサリアム)の日本語表記につきまして

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

Ethereum 

の日本語表記ですが、「エセリウム」が正式になりましたので、よろしくお願いします。

昨日までは、暫定的にイーサリアムと表記しておりましたが、今後は「エセリウム」で統一します。

イーサーネットと言う言葉が定着していることから、イーサリアムと略しましたが、英語の発音に近づけるため、エセリウムとします。また、すでに、ゲームや、SFの用語として、Ethereum (英:Aethereum) をエセリウムと訳している先例があり、そちらのほうが適切と判断しました。

日本エセリウム協会 大石哲之

 

Tokyo Coin summit 0.6 ビットコインビジネスの夜明け

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

昨日は、東京コインサミット0.6にパネルの司会で参加しました。

すこしこのサミットのことについて書いておきます。

ビットコインというと、法律上の問題点や、経済的な問題点を指摘するような議論は多くあり、大学教授や経済学者などで、社会的なテーマとして取り上げているとおもいます。

そういう議論がおおいので、どうもビットコインは批判的な目でさらされることが多いです。これは、カウンターパートとしての、ビットコインを広げる側、ビジネスをするがた、ビットコインにかかわる側の発信が足りなかったという反省点でもあり、今回、ビットコイン当事者による、ビットコイン当事者のための、初めてのビジネスカンファレンスの開催とあいなったわけです。

米国や中国などでは、このようなビットコイン関連のカンファレンスは多数(乱立気味)に開催されており、何百人もの人出があるということで。ようやく日本も追いつきます。

今回は、パネルセッション「ウォールストリートからシリコンバレーへ」「ビットコインが日本で普及するための条件」という2つのセッションがありました。

前者は、ビットコインジーザスと呼ばれるロジャー・ヴア氏、コインデスクの方や、弁護士、エコノミストの方が語りました。後者は、日本でビットコインのビジネスを立ち上げようとされている方を中心に、最近オープンした交換所のBTC-BOXの張氏、ビットコイン関連の会社を設立した峰松氏を中心に、バーでビットコインを受け入れている事業者のかたや、ネット系大企業の事業開発部の方の、お話をいただきました。

ビジネスプレゼンテーションでは、新しく企画中のビジネスが紹介されました。

Humit は、企業のロイヤルカスタマープログラムとして、ポイントやマイルにかわるものとして独自のコインを発行できるような一連のシステムを提供するもの。

Afrocoin は、アフリカン・アメリカンのための、地域通貨的なコインを、ビットコインとの関連のもとにつくろうというプロジェクト

Reality Keys は、マルチシグの機能をつかった、安全なエスクローサービス。

Bitcoin Mixing は、ビットコインのP2Pミキシングプロトコルを作るオープンソースのプロジェクトでした。

知らないだけで、すでに多くの企業が準備中&立ち上げ前夜です。春から夏にかけて、どんどんと新しいサービスが立ち上げっていくでしょう。楽しみです。

私のブログでもこれらの新サービスについて、レポートしていく予定です。ぜひ皆様ご期待ください。

そして、コインサミットは、次回は、1.0として開催されることを期待。おそらく夏?期待して待ちましょう。

mt.Goxの攻撃につかわれたTransaction malleability とはどういうものか?(テクニカル)

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

mt.Goxの攻撃につかわれたTransaction malleabilityについてのテクニカルな説明です

Transaction malleabilityとは、専門用語で、トランザクション展性と呼びます。

ビットコインのトランザクションにおいては、送金の内容は変わらないのですが、結果として、トランザクションのIDに相当するものが変わります。

ビットコインのトランザクションでは、スクリプト部分があります。

(input)3044022013ee2063e10a58e450d1fa598a447a7f18af816f09b3a3cf4b8843f6b902b32c022025ea137d9ba1d8205a43720d81627c2f899c91b031eb170ed02ae9fd916f328601 040ceb5a5a57fd4a6f77a1b65fc8e19f4d0d396142d4521d2e413c8f97b10ed77762d32c53df07b9687e78f582a93d1c7488c78b6223a0c90ca67cda4096730de9

(output) OP_DUP OP_HASH160 0f403837793e1e5f707eb0450a145d1940accd10 OP_EQUALVERIFY OP_CHECKSIG

たとえばこういったものなのですが、たとえばマイナーは、スクリプトの結果が変わらない範囲で、いくつかの情報の変更が可能になっています。

典型的な手法は、input スクリプトのOP_0を、OP_PUSHUDATA2に置き換えるものです。このスクリプトの変更は、署名検証の手順をすこし変えるだけなので、結果は変わらず、トランザクションにふくまれる署名は正しく確認され、トランザクション自体は有効とみなされます。

しかしながら、ビットコインの仕様では、署名部分も含めてトランザクション全体に対して、hashをとり、それをtransaction hashとしています。そして、これがいわゆるtransaction idとして、いままでは利用されててきました。

当然、トランザクションにふくまれるスクリプトの一部の情報を変えたので、outputは一緒でも、hashをとったら、transaction idは別のものになります。これが、Transaction malleability です。つまり、これを突くと、アウトプットはかわらず、署名も有効なトランザクションだが、transaction hashだけが書き換わったものを作り出すことができるということです。

もし、このtransaction hash だけをみて、トランザクションを特定しているシステムがあると、危険なことが起こりそうなのは想像がつくでしょう。

この問題は以前から指摘されており、transaction の識別においては単にhashだけでやらないように注意すべきとのことだったようです。

mt.goxにおいては、あるギークの証言では次のような実装がされていたとのこと

①BTCの引き出しが行われると、そのtransaction hash をMt.GoxのDBに記録。

②しばらくして、blockchainを参照し、ブロックに当該transaction hashが含まれているかを確認。含まれていれば、引き出し送金に成功したとみなして終了。

③しかし、ブロックに当該transaction hashが含まれていない場合、そのトランザクションに失敗したとして、再送金のトランザクションを起こしていた(自動)

明らかにまずい実装だということがわかります。transaction hashだけをみて送金確認をしていた点にくわえ、自動で再送金をしていた点が致命的。ダブルでまずい。

本来は、送金先、input outputの金額を複数検証してtransactionを特定すべきです。しかし、transaction hashだけを見るという単純な実装をしていた可能性があります。

悪意ある人が、Transaction malleabilityをつかって、transaction hashを書き換えれば、mt.Goxは送金を繰り返すというわけです。

なぜ、このような安易な実装を取ったのかは不明ですが、そのギークの推測によれば、

Mt.Goxの送金システムはそもそもトランザクションの仕様に乗っ取らないおかしなトランザクションを生成しており、そのため度々、ネットワークに拒否されることが多かったとのこと。

たとえば、新規に生成されたコインは、100 confirmation終わるまではトランザクションに含めてはいけないルールなのだが、100 confirmに満たない若いコインを送金に含めていたとのこと。

「2年ほど前に、Bitcoin の transactionのルールが変わったが、それにMt.Goxはちゃんと対応出来ておらず、彼らにおいては、拒否されるトランザクションが多発した。その数が相当数にのぼったため、送金トランザクションの再送信も自動化したのではないか」という指摘であった。

 

今後の日本に必要なのは「看護師型のホワイト低~中賃金ジョブ」

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

看護師紹介ビジネス過熱 金券で勧誘、強引なケースも(http://www.asahi.com/articles/ASFDM513BFDMUUPI001.html)

とあるが、たしかに人材紹介業においては看護師市場というのはとても美味しい。というか、日本で、労働の流動化がこれだけ進んでいる職種は看護師以外にはあまりなく、人材の市場が機能してい証拠だ。(看護師が不足しているという失政の話はまた別の話。ここでは流動性)

看護師の人材市場の特徴というのは次のようなものがある。

・職能主義

看護師という資格が基準になっているので、資格があり、仕事ができることを基準に採用がされている。年齢や、男女の区別といった要因がなく、公平だ。

・キャリア分断に強い

職能が基準なので、出産や子育て介護などの要因で、看護師の仕事をはなれても復帰が容易だ。勉強のために留学を挟んだり、疲れたので半年休むといったことも可能で、それでも容易に再就職できる。

・やりなおしキャリアが受け入れられる

同じく、職能が基準なので、看護師資格があればよく、新卒でないとダメということはない。キャリアの途中で看護学校に入り直し卒業したひとでも、看護師として働ける可能性が強い。

・流動性がある

仕事が標準化されているので、極端な話、1日単位の契約でもすぐ働くことができる。病院や医療施設の数も多く、この2つの要因により極めて流動性がたかい。

看護師の離職率は、平均10.7%で、それなりに高いといえるが、離職率が高いというのがそのままデメリットになっているわけではない。

・十分な給与

看護師の平均給与は471万円*と、日本の民間給与平均402万円*2を上回る。平均労働時間も月167時間(一日8.3時間)で所定の労働時間内にほぼ収まる(夜勤などが多い病院はあり、個別事情はあるにしても)

・年功ではない(定期昇給がない)

 職能が基準ということは、逆に言うと、年齢などに関係なく、看護師という職能にたいして給与がはらわれるということだ。なので、もちろん長く勤務すれば病院内で看護師長などに出世すれば、給与は上がるが、これもどちからというとポジションに対してはらわれるもので、年功的なものではない。

このような特徴は、これからの日本で必要とされるシゴトの特徴をよくあらわしている。

御存知の通り、日本では長らく男性がはたらき女性は子育て、子供が二人、それを賄うことができるように、給与が年齢と共に上がるというモデルを採用してきた。未だに日本の政府がモデルとする標準家庭というのは、年収700-800万円の男性に専業主婦、子供二人というのをモデルだ。

しかし、若年世代では、このような標準家庭を望める家庭のほうが少なく、もはや標準というより「理想家庭」に近くなっている。

このような中では、看護師のような、流動性があり、職能主義で、キャリアの分断ややり直しがきくというのが大事だ。その代わりに、年功の賃金を廃して、職能やポジションできまった給与を払う。勤続年数によって賃金があがらない代わりに、流動性があり、キャリア分断ややり直しでも、ちゃんとした給与がはらわれる。

このようなモデルを、「年収300万、残業なし、定期昇給なしはホワイトか?ホワイト300ジョブの提案」として提案したことがあるが、看護師はこのモデルにかなり近い。

いまの日本に必要なのは、新卒で正社員で長期雇用が得られる人が年収1000万円に達し、途中で辞めたり就職出来なかった人は200万円の非正規という、二極化ワールドではない。残業なし、定期昇給なしで、中くらいの年収がえられるような、職能型の低~中賃金ジョブが求められている。

*http://nensyu-labo.com/sikaku_kangosi.htm

*2 http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2602S_X20C13A9CR8000/

日本型経営はグローバル資本主義を超えられるか

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

先日、オープンな日本型経営は可能か?という問題提起をした。

反応は薄かったのだけれども、この問題を問題と考えるひとがすくないのかもしれない。

グローバル資本主義がよいことだらけとは思っていない。ただ、現在の資本主義の仕組みを突き詰めると、グローバル資本主義になるのは、当然の結論だろう。

ゲームのルールは嫌だけど、このルールで戦うしか無いけど、そのルールで戦うと負けそうだ。かといって、ゲームのルールを変える力はない。この堂々巡りが、行き詰まり感、と表しているとも言える。

グローバル資本主義に対する日本型経営というのは、ゲームのルールが資本主義のままなのに、日本型経営で勝という思想だと解している。

日本型というのはいまのところ、戦後の成長期に確立した、同一民族集団による、長期的な利害を元にした、すり合わせによる村落共同体の経営だ。これは現代では、ごく一部の技術を追求する局地的には勝てるかもしれないが、GoogleやAppleなどのオープンなイノベーションは生みにくい。

そういう意味で、日本型経営がグローバリズムに勝つというなら、グローバルズムと戦争して勝てるパラダイムを生み出さないといけない。

グローバリズムに対する、日本型経営への回帰として語られるのは、昔ながらの村落共同体的な経営にもどろう、というものだ。それは、グローバリズムに勝ち、それを超えることはできないだろう。

どれだけ良いことをいっても、資本主義という戦争をやっているなかで、負けたら、何もいうことができない。負ける、ということはすべてを差し置いて問題なのだ。

資本主義はいろいろな問題をかかえているが、いまだ人類はこれを超えるパラダイムを打ち出していないというのは、多くのひとが指摘することである。

もちろん、それを超えるパラダイムが永劫に存在しないということを言っているのではない。ただ、それを超える可能性があるとしたら、村落共同体への回帰ではなく、資本主義を包摂しつつも、より高度なものになる必要性があるということだろう。

かつてはそれが共産主義だったということなわけで、なんだか共産党宣言のようになってきて、昔のひとと考えることは同じだなとおもっているのだが、一部の思想家が指摘するように、インターネットなどの共同体が作る新しい主義が、資本主義を塗り替えるという説もある。

なんだか記事が朝日新聞調になってしまい、朝日新聞を批判していた私からすると忸怩たる思いだ。つまり、曖昧な話をかくと、こういう散文になってしまうということだ。

ざっとしたアイデア段階ということで、もうすこしまともな議論ができるように、次の記事では深めていきたい所存。

 

特定秘密保護法はネーミングが悪かった

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

特定秘密保護法はネーミングが悪かったとおもいます。

特定機密って、なにかやましいものを感じて、いろんなものを隠すというイメージになるのでしょう。

実際の条文を読むと、これは、軍事機密や、対テロ機密を中心にしていることは明らかです。

なので、最初から、

スパイ防止法案

または、

防衛機密・対テロ機密の指定および取り扱いに関する法律

とでもしたら良かったのではないかと思います。「防衛機密・対テロ機密の指定および取り扱いに関する法律」であれば、誰もがその範囲は理解できますし、表現の自由が破られるとか、映画の表現が阻害されるとかいったことがないのは明らかです。

もちろん、厳密にいったら、防衛機密・対テロ機密以外の外交機密なども入っているわけで、だから特定機密としたわけですし、もしかしたら、その他、いろいろな機密も指定したいという思惑があったのかもしれません。

そのように、将来のことを考えて「広く」という発想が、法律の濫用を想起させて、無用な反対を生むのでしょう。

実際、防衛機密・対テロ機密の指定および取り扱いを定めた法律なのですから、変に欲をださず、目的通りの名前をつけて、範囲も逸脱しない、とすればよかったのではないかと思います。

さらに必要なら別の法律をつくればいいのです。「同盟国との情報共有に関する法律」とか。これもだれも反対しないでしょう。

最初から、将来融通が聞くように、いろんなケースに対応できる柔軟な法律をつくろうとする気持ちはわかりますが、こういう法律は、いろんなケースに対応できる=濫用できる、とイコールなわけですし。

防衛機密・対テロ機密の指定および取り扱いに関する法律
同盟国との情報共有を円滑にすすめるための法律

これに対して、戦前の復活だとか、表現の自由が侵されるとかいうひとはいないでしょう。さすがにこのタイトルだったら朝日新聞だって反対はできないでしょう。むしろ反対するなら相当の理由が必要なわけで。

もっと端的にいったら、軍事機密取扱法です。軍事、という言葉が使えない、これはかえって議論をややこしくしています。これも戦後日本が負った宿命かもしれません。

 

英語もできないノースキルの文系学生へ、本の冒頭部分を公開するので試しによんでみて!

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

英語もて_きないノースキル文系学生

はじめに

 私のブログのなかでも、人気があるのが、就職やキャリア系のエントリでした。特に、就活自殺やブラック企業についての記事が人気があり、そのなかでも、「英語のできないノースキルの文系学生」という言葉が、結構ショッキングだったと指摘がありました。本書は、そのあたりのエントリを題材に、ほぼゼロから書き起こしてまとめたものです。

 どぎついタイトルがついていますが、実は、学生のみなさんへの優しいエールのつもりで書きました。表現が素直でないので、ちょっと皮肉ったりナナメ目線のところもありますけれども、どの章も、みなさんが、行き詰まっていて苦しむなかで、どうしたらもっと考えを楽にして、自分らしく生きていけるのか、というヒントを書いたつもりです。

 私が皮肉っているのは、自分で環境や生き方を変えようとせず、答えのマニュアルをひたすら求めるだけのタイプの人です。もしくは、どうしたら効率よく既存のレールに乗れるかということだけを求めているようなタイプの人です。

「ぐだぐだ言うのはいいけど、世の中は変わらないんだから、この俺(私)が、とにかく内定がとれる処方箋をくれ」そういう方には、この本の内容は響かないと思います。

 それから、開き直ってしまっているタイプも困ります。開き直って努力を放棄してしまっている人。自分は弱者なんだから、もう努力をする必要がない。自分はもっと報われるべきだと考えている人。こういうタイプの人は自分から何かを変えようという意志がないので、この本を読んでも他人任せの文句ばかりが出るだけでしょう。

 そうではない学生は、先を読んでください。

 みなさんも、薄々感じていることだと思いますが、既存のレールにいかに効率よく乗るかということを考えているだけでは、もう人生は切り開けないのではないかと思います。時代が変化し、常識が変わっていくなか、自分なりの羅針盤を持っていないと、他人に人生をあずけてしまうことになる。いままで、なんとなく生きていて、その結果、「英語もできないノースキルの文系学生」になってしまった。しかし今後は、他人に人生をあずけて生きていきたくないと考えていると思います。

 そういう方は、最後まで本書を読んでほしいです。

 それぞれの章はコラム的になっていますので、独立しています。興味のあるところから読んでいただいても構いません。

「好きなことを仕事にするより、得意なことを仕事にしなさい」は、私の実体験です。一生の好きなことを探すことだ大事だと言われているプレッシャーに負けて、自分はダメだと思っている人に読んでもらいたいと書きました。

「志望動機で苦しんでいる人へ」は、自己分析で悩んでいる学生に向けて書きました。やりたいことや、好きなことを探すより、得意なことを探しなさいという前章の話と対になっています。志望動機というのは、人生プランを決める、語るということではないということを書いています。

「就職活動に失敗して自殺をしてしまう前に」では、日本の大学生の期待値の高さについて指摘しました。失業率が軒並み高いのに悲愴感のない欧州の若者からいくつかのヒントを貰うことができます。

「就職活動はスタートした時から勝負がついています」では、もういちど英語も喋れないノースキルの文系という立ち位置について、足元の理解を迫る話をします。足元をしっかり理解して謙虚になれば、努力の方向性や道は開けてきます。結局近道はありません。英語力の磨き方と、ノースキルという部分をクリアする方法について、韓国の事例から学びます。

「アジアで就職するという選択肢」の話では、海外就職という選択肢を紹介します。もちろんリスクもありますが日本だけで考えるよりも、視野がひろがると思います。

「意識が高い(笑)学生と、やりたいことができないという病」では、ちまたで揶揄されがちな意識が高い学生について書きました。本当に意識が高い人と、意識が高いように見せる技術に長けた人では、大きな違いがあります。その点を指摘しました。人によっては、とても苦々しく感じる文章かもしれません。

「入社後、希望と違う仕事をやらされ悩んでいる」は若手社会人の話になりますが、就職活動中の学生に理解しておいてほしい話です。というのも、3年以内に転職を希望する人の理由のほとんどがこの相談だからです。そして、これは学生時代の業界研究、企業研究のしかたが決定的に間違っていたということが原因なのです。

人気企業ランキングの有効活用法」はおまけ的な文章です。ちょっとナナメ目線ですが、笑ってお読みください。

履歴書は手書きにすべきか?という昔ながらの議論に終止符を打つ」はタイトル通りの内容です。結論からいうと、エクセルやワードで100%大丈夫と断言します。

グローバル化でなくなる仕事、そうでない仕事」は、グローバル化の影響について学生のみなさんでもわかるように書きました。いま企業は急速にグローバル化の影響にさらされていますが、その実態は学生からは殆ど理解されていないでしょう。10年後のキャリアを作る上で、グローバル化への理解は最も大事なリテラシーになります。

続きは、本をかってね。100円だから、ワンクリック。

アマゾン以外のプラットフォームではこちら。

▼楽天のkoboで買う

▼アンドロイド端末 Google Play

▼BCCKS

ibookストアはただいま準備中

英語も出来ないノースキルの文系学生が、kindle総合9位

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内


英語もて_きないノースキル文系学生

英語も出来ないノースキルの文系学生が、kindle総合9位まであがってきました。

これは嬉しいです。

この本ですが、もうほんとに価格破壊です。新書に換算して140ページくらい、もうすこし文字を大きくした本だと、まるまる一冊のボリュームです。

しかも、他の100円本みたいにメルマガのコピペや、ブログ記事をepubで吐き出してまとめたものではありません、ちゃんと描き下ろしていますし、校正だっていれました。

つまり、紙の本で出せるようなものを1冊まるごと100円で提供。いいものを安くをやってみて、どれだけの人が読んでくれるかというのを、やっています。

なかなか伝わりにくいテーマは、1500円の本ではやっぱり買ってもらえない。100円だったら買ってもらえる可能性があります。

kindle界の価格破壊

を目指します。ことしはまだまだもう数冊いきますよーー。

それから紙の出版社さんへ、できれば電子版だけではなくて、紙の本でも出したいです。

この本、校正もしてますし、原稿も紙の本クオリティで、表紙まであるので、紙の本でだす労力は非常に少ないと思います。ぜひ、一緒にやっていただける出版者がございましたら、ご連絡ください。

そして、こちらもよろしく。これも100円です。

コンサルタントの読書術 確実に成果につながる戦略的読書のススメ
tyk publishing (2012-11-30)
売り上げランキング: 837

グローバル規模での報酬のフラット化がもたらすもの(クラウドワーキング事業者編)

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

先日からクラウドワーキングを例にとって、グローバル規模での報酬のフラット化の話をしている。

ラウドワーク市場が世界単一のネット上のヴァーチャル市場に統合されるとき、一物一価になるという、単純な経済法則がはたらくからだ。

これによって、割を食う人と、豊かになる人がいる。

先進国のクラウドワーカーは、途上国のひとが安い値段で仕事をするものだから、その水準にまで単価がおちると、もう食っていけない。ロゴデザイン一つが5000円という世界では、東京やロンドンには住めないだろう。

途上国のクラウドワーカーは、いままで仕事が国内市場にとじていたものだから、技能があってもたいした賃金がえられなかった。クラウドワーキングの出現で、先進国から、先進国にちかい水準で仕事を受注することで、かれらは平均して国の一般的なひとの3倍以上の報酬を得ている

日本のクラウドワーカーは、月に1200ドル稼ぐが、日本人の平均賃金は3500ドルだ。
インドネシアのクラウドワーカーは、日本人よりすくなく836ドルを稼ぐが、かれらの国の平均賃金は236ドルである。*1

クラウドワーキング市場には、もうひとつのプレイヤーがいる。つまり仕事を発注する側だ。クラウドワーカーにロゴの制作を頼む事業者のことである。

この事業者について見てみよう。

先進国の、事業者は、クラウドワーカーのお陰で非常なメリットを得ている。
いままでは、ロゴをひとつ頼もうとしても、国内のデザイン事務所に発注し、めんどうな打ち合わせや見積もりをへて、ロゴひとつあたり十万単位の費用が必要だった。

これが、クラウドワーカーなら、ネットで即時たのめて、翌日にはロゴがあがってくる。そして費用は50ドル程度だ。

これが事業にもたらすメリットは非常に大きい。大幅なコストが削減できる。

クラウドワーカーは、クリエイティブ産業における途上国の工場だとおもうと理解早い。ユニクロが洋服をすべて国内の工場でつくれば1枚1000円のジーンズなど作れるはずがないが、中国の工場ならそれが可能だ。
そして、この恩恵をえるのは、ユニクロと、消費者である。

つまり、先進国においては、

事業者が最大の恩恵をうけて、そしてその先にある消費者がその恩恵をうける

その一方でクラウドワーカーは仕事の単価の低下を余儀なくされる

途上国の事業者はどうだろうか?

実は逆なのである。途上国の事業者にとっては、これは由々しき事態である。クライドワーカーの仕事の発注元が国際的に開放されたことにより、単価があがってしまっている。

いままでは他に仕事がないからということで、国内に閉じていたから、国内の平均的な単価とおなじような単価で安く発注できた。しかし、ネットで先進国から受注できるとなると、だれも国内のやすい単価ではしごとはしない。
インドネシアの企業が、インドネシア人に発注するからといって、月の報酬236ドルでいかがでしょう?とはいえない。世界的な平均であり、先進国の企業が払っているのと同じだけの報酬を支払う必要にせまられているのだ。

途上国のクラウドワーカーは豊かになるが、事業者はコスト高になってしまう。

まとめるとこういうことになる。◎がついているのが豊かになるひと。×がついているのがきびしいひと。

クラウドワーキングの影響
先進国 i)事業者(クラウドワーカーを使う人) いままでよりコストが抑えて安く作れる。儲かる。
ii)クラウドワーカー × 単価が下がる、生活が苦しい。
途上国 iii)事業者(クラウドワーカーを使う人) 知的労働者の報酬が年々べらぼうに上昇している。
iv)クラウドワーカー 世界中から先進国単価で仕事がもらえる。どんどん豊かになる

このなかで×がついているのは、先進国のクラウドワーカーと、途上国の事業者だ。

これらはどうすればいいのだろうか。

先進国のクラウドワーカーは、その立場であるかぎり構造的に難しい事態がつづく。◎のところに移動するというのが基本的なサバイバル戦略になる。

i)のパターンは、先進国で、自分で事業を興すことだ。そして自分が単価の安いクラウドワーカーをつかって、収益をあげることが出来るようにする。クラウドワーカーに仕事を発注する仕事をしてもいいし、クラウドワーカーを組み合わせて、日本のお客さんむけにカスタマイズした価値を提供してもよい

iv)に行く方法もある。自分が途上国に移住してしまう。インドネシアなら236ドルとはいわずしても、月に1000ドルくらいあれば、タワーマンションに住んで運転手が雇える。クラウドワーキングからの収入がかわらなくても、自分の住居を移すことによって、豊かになる途上国のクラウドワーカーと同じ立場になることができる。その間の余裕の時間にi)を狙う準備をしてもいいだろう

途上国の事業者にとっては事態はやっかいだ。クラウドワーカーのコストがどんどんあがるのだから、いままでのような経営ではむずかしくなってしまう。国内の所得があがり中間層が育つスピードよりも遥かにクラウドワーカーの賃金の上昇のほうが早いだろう。こうなると、場合によっては、先進国にものを売るということも必要になってくるだろう。

 

仕事の単価が下がり続ける恐怖に怯える人に残された4つの選択肢

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

昨日のエントリ、「クラウドソーシングで単価が下がっているフリーランスが大量にフィリピンに移住する未来」は、このブログ開設以来のビッグ・ヒット級のエントリになりました。みなさんお読みいただきありがとうございました。

クラウドソーシングというのは、ITをつかってリモートで仕事をする世界中のひとに仕事を頼むというものです。

これは、先進国の仕事を発注する側からみれば、新興国の人に依頼することでスゴくやすい単価で仕事を依頼できます。

しかし、その価格破壊力はユニクロみたいなもので、それに引きづられ、先進国内でクラウドソーシング対象となるような仕事(ライター、デザイン)などの仕事の単価がどんどん下がっていってしまっています。

これが問題だというのです。

が、これは一方的な見かたに過ぎません。

先進国のクラウドワーカーにとっては、仕事の単価が下がる悲劇ですが、新興国の技能をもったクラウドワーカーにとっては、新興国水準にちかい報酬を母国で得られるという貴重な機会なのです。これによって、彼らはどんどん豊かになります。

 (designclue(http://www.designclue.co/)で仕事をうけおっているクラウドワーカーの報酬の調査結果*1。 対象は、日本人8%、海外92%)

これを見れば、その意味がわかるでしょう。日本の平均賃金が3500ドルなのにくらべ、フリーランスのクラウドワーカーの報酬は1200ドルです。日本国内にいるひとは、クラウドワーキングのおかげで、平均賃金のわずか1/3くらいの報酬しか得られないのです。
フリーランスのデザイナーやライターが食えなくなっている、というのはまさにこのことです。

しかし、インドネシアの結果に注目してください。
インドネシアの平均的な労働者の賃金はわずかに239ドルでした。しかし、クラウドワーカーは836ドルの報酬を得ています。これは3.5倍です。
インドネシアのフリーランサーからみたら、クラウドワーキングは富の源泉です。かれらはITによるフラット化で、3.5倍もの高収入をえているわけで、どんどん豊かになれる。

インドネシアのひとは、いままでは国内にデザインといった仕事があまりなかったため高い報酬を得る機会がなかったか、仕事があっても国内水準にとどまっていました。しかしITの進歩により先進国からリモートで受注することができるようになり、その単価が先進国基準に近づいたのです。

日本在住者の報酬が1200ドルなのにくらべインドネシアは836ドルと、絶対値はインドネシアのほうが7割くらいの水準になっています。3割ディスカウントしても、それでもインドネシアのクラウドワーカーは豊かになります。

これは、グローバルで単価が一物一価に収斂していく、市場の典型例です。これは、先進国の人にとっては報酬の低下を招く恐怖である一方、途上国のひとにとっては、豊かになるチャンスということなのです。これを、大収斂といいます。

日本に住んでいるから、日本人だからというだけで、特別な報酬上乗せ(レント)が発生する時代ではなくなってしまったのです。

このデータをみれば感覚的にわかるように、この流れは決してとまりません。
日本のクラウドワーカーの報酬が下がっていくなか、グローバル化が原因だからということで、反グローバル主義をとって、これを押しとどめようとするのがいかに無駄であるかがわかるとおもいます。

では、どうすればいいのでしょうか。

日本のクラウドワーカーにとってはいくつかの方向性があります。

①もっと高度な仕事をする。雇う側になる。ワークから、事業への転換。
つまり、デザインの仕事であれば単発のデザインを受けおうのではく、コンセプトづくりやブランディングなどをふくめ、全体のプロデュースやプロジェクトマネジメントを請け負います。これらの仕事は、高度で付加価値がたかく、クライアントのそばにいて口頭でやり取りしたほうが有利です。極端なことをいえば、建築のたとえでいえば安藤忠雄をめざせということです。野球ならイチローです。つまり、マッチョになれと。

ライターであれば、請け負ったものを書くのではなく、自分自身をプロデュースして、自分の名前で売っていくような方向性に舵をきらないといけないでしょう。

もうひとつは、単純な仕事をするクラウドワーカーを雇う側になる。ワークではなく、事業を始めるということです。クラウドワーカーに発注する仕事を作り出すことができるような事業を興すのです。

しかし、この話をすると、「だれもがそんな高度な仕事ができるわけではないし、それはごく一部の成功者だけ」「起業できるのはごく一部」と反論されます。「全員がイチローをめざせなんて、煽るなと」

じゃあどうすればいいのでしょう?

②日本語の障壁をつかう
では、あとは徹底的に日本語にこだわるのも手です。途上国のクラウドワーカーは英語で仕事をしているとおもうのですが、日本語でしか発注できない発注主がおおい日本では、なかなかそれを活用できません。日本語の壁は大きい。

そこで、日本人クライアントだけに絞って、日本語べったりで仕事をする。

さらに、たとえば、翻訳であれば、単純なものではなく、特許の文書や政府の公式文書といったような、クオリティや正確性がもとめられて、日本語の正確なニュアンスがわからないと難しいようなタイプの仕事です。これは単価がたかくても日本人に発注する。

ただ、これは仕事の確保といういみでは有効ですが、仕事がなくならないということと、単価が維持されるというのは相関性はありません。日本人でないとできない仕事でもそこに人が殺到すれば、価格競争が起こります。ただ、途上国と競争するよりはそのカーブは緩やかでしょう。

③移住する
もうひとつの解は、究極の発想の転換です。つまり、あなたが先進国に在住しているという点がすべての元凶です。あなたがインドネシアに住めばいかがでしょう?インドネシアのクラウドワーカーと同じようにするのです。
インドネシアで、安い生活コストのメリットをあなたが享受できれば、得られる報酬はかわらなくても相対的には豊かになります。たとえば、先ほどの表にでてくる報酬でかんがえると、東京にいては毎月20万円以上赤字ですが、インドネシアでやれば、毎月6万円くらいは収益がでて、貯金ができます。
この猶予期間のあいだに、1の高度な人材になるために頑張るというのもありでしょう。
#日本で田舎で自給自足生活をして、年間コストを100万円くらいで納めれば国内にいつづけることもできるかもしれません。
 (日本人でも実際に実際に移住してやってるひともいます。ただあまり外にでてきたがらないのですが。そういうひとの話を聞きたいひとは、私のオンラインサロンのほうでクローズでやってますので、入会して発言してみてください)

④祈る
ここまで危機感をあおっても、変わりたくないという言い訳をならべるひともいます。
「全員が高度な仕事ができるわけではない、才能がない」
「グローバル競争反対!行き過ぎた資本主義は修正されるべき」
「日本に居たい、親や子供の事があるから地元をはなれることはできない」
つまり、何も変わりたくない。行き過ぎた資本主義がわるい。自分はいまのままでも、周りがなんとかして食えるようにするべきだ。
福祉のイデオロギーとしてはよいと思いますが、結果は政府次第です。
寒いのが嫌でも、冬はやってきます。そして準備をしないと凍死してしまうでしょう。

*1 世界中のフリーランスデザイナーの実態を調査した“クラウドソーシング白書2013の第2弾”を発表 〜世界最前線のワークスタイルのリアルをお届け〜

 

クラウドソーシングの衝撃 雇用流動化時代の働き方・雇い方革命 (NextPublishing)
比嘉邦彦 井川甲作
インプレスR&D
売り上げランキング: 189
フラット化する世界 [増補改訂版] (上)
トーマス フリードマン
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 8,574
大停滞
大停滞
posted with amazlet at 13.08.02
タイラー・コーエン
エヌティティ出版
売り上げランキング: 185,343
年収100万円の豊かな節約生活
山崎 寿人
文藝春秋
売り上げランキング: 20,618

ブックレビュー 「セカ就」。人間として精一杯生きていくということ。輝きを失わないということ。

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

セカ就! 世界で就職するという選択肢
朝日出版社 (2013-07-10)
売り上げランキング: 58

 

 

森山たつをさんの、「セカ就」を頂いたのでレビューします。小説を書いているというからなにかとおもったら、セカ就のフィクションだったとは!

ご存知かもしれませんが、数カ月前に森山たつをさんとは「普通のサラリーマンのためのグローバル転職ガイド」(略してグロ転)を共著で書かせて頂きました。

グロ転は、海外就職といっても、いろんなタイプのものがあってごちゃまぜに議論されているので、それをキャリアパス、キャリア構築という視点から整理した本です。

「セカ就」のほうは、もっと具体的に、実際に海外就職ってどうなのよという事例が5件、ストーリー仕立てでのっています。

これが、かなり面白い。

海外就職のインタビューとかにしなくて正解だとおもう。主人公はいずれも、日本で就職に失敗してしまった人だったりして、そういうひとが、思い悩んだり、現状を打破する過程で、海外就職をしって、海外でチャレンジし成長するというもの。

例えば、

○ブラック企業居酒屋に入社してしまい、疲れ果てたのち、インドネシアに向かったひとと

○米国の大学をでて帰ってきたものの日本企業では総スカンをくらってしまって、シンガポールに言った人とか

○派遣社員の経歴しかなかったものの、マレーシアにいったら評価されたとか

実際いろんな事例をしっている私からみて、主人公のシチュエーションがもう、ほんとにリアルで、「あるあるあるある」と連呼してしまいました。

いま、日本のよくないところは、選択肢が狭まっていることです。

新卒の就職の1回限りのワンチャンス。そこで、ちゃんとした企業の正社員になれないと、人生おわりみたいな。しかも、その新卒正社員の椅子はどんどん減っている。

そして、ブラック企業に就職してしまったり、海外帰りで馴染めなかったり、派遣社員になってしまうともう終わりとか。

とにかく誰もが不幸になるようなシステムとしか思えない。

レールから外れてしまった人。もしくは、自ら外れていきたい人。外れたくないけど、レールの上をすすむのに疑問をもっているひと。

そういう人の選択肢がもっとふえたらいい。キャリアの選択肢が。

日本企業の正社員になって、できれば定年まで勤めるといったキャリアパス以外の方法があっていいのです。

最近は、外資系にいくとか、起業するとか、ネットベンチャーに入るとか、むかしに比べるとかなり選択肢がふえてきたようにおもいます。ノマドもふくめてね。海外就職もその選択肢の一つだと思う。

その選択肢は、”全員を既存のレールの上に載せる”のが政策のゴールで正しいと信じるひとからは痛烈に批判されているけれども、わたしはむしろ、既存レール以外にすすむ人がもっと増えて、どんどんやっっちゃって、そっちの道がもっと開ければいいとおもう。

ベンチャーだって、誰もがベンチャーなんていつ潰れてもおかしくないとか、スキルがない新卒がベンチャーなんて危険きわまりないとか言っていたけど、新卒で楽天に入社した田中氏が楽天をやめてGREEをつくって、そしてGREEにはいま新卒社員がはいっている。そうやって世の中は回転してきている。

ベンチャーは2回転目にはいったけど、海外就職は、いまが1回転目のはじまりだとおもう。

海外就職については、かつてのベンチャー就職と同じように、批判も多い。海外就職は駐在員の小間使いだとか、給与がやすいとか、全員が海外で働けるわけではないとか、海外ではたらくやつは日本全体からしたらごく一部にすぎないとか、将来日本に帰ってこれなくなるぞとか、お決まりの指摘もある。

「セカ就」を読むと、そんなことはさておき、主人公たちが生き生きとしている姿に心を打たれる。斜めから批判するのもいいけれども、セカ就のストーリーをよんで、なにか心をうたれるものがあって胸があつくなるのは、人間として精一杯生きていって、自分として輝きたいという、とても素直で単純な思いを主人公たちが実直に選択しているからだ。だから、それに共感する。

これはフィクションではあるものの、それぞれに元になった実在の人物がいるとのことだ。そしてその人が感じている、「一生懸命に生きている感」は、フィクションでも実際でも一緒だろう。

個人的には最後に登場した、香港ではたらくIT出身のコンサルみたいなひとの話が心に染みた。なにやら森山さんのような経歴のようなひとだが、この人物のモデルは森山氏自身かもしれない。

そしてこの人物は、それまでのひとが成功談ばっかりだったけれども、この人は海外就職で失敗する。そして、大人としてクールに成長し、さらに大きな花をさかせるのだ。

1-4話までは若者の青春的な成長物語として、5話は、ビジネス小説ちっくなリアル感のあるような話として楽しめるとおもう。

この本からは、海外就職のノウハウとかキャリアの話とか、そういうのを読み取ることもできるけれども、ちょっと自分の考えや選択肢を広くとれば、生きることは楽しくなるのかもしれないということを知ってほしい。自分で変えられることは、いまの世の中、意外にもたくさんあるのだ。

おすすめです。

なお、5話のなかででてきたグローバルの人材とは?といった話が気になるようなら、そのあたりを整理した森山さんとの共著をお読みいただければと思います。そのあたりの疑問にお応えするように、海外がらみのキャリアを整理して解説しています。

普通のサラリーマンのためのグローバル転職ガイド
大石 哲之 森山 たつを
東洋経済新報社
売り上げランキング: 41,907
ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2013-04-05)
売り上げランキング: 1,883

ブックレビュー 「キャリアポルノは人生の無駄だ」という本を読んだら人生を無駄にするのか?

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

キャリアポルノは人生の無駄だ (朝日新書)

キャリアポルノは人生の無駄だ (朝日新書) 谷本真由美(@May_Roma) (2013/6/13)

朝日出版社より献本御礼

本がとどいていると実家から電話があった

わし 「何の本だろう、開けてみて」

親 「えっと、うーん、キャリアポルノ(ガクガクブルブル)とか書いてあるけど・・」

わし 「ああ・・・ガクガクブルブル。それは、大事な本だから捨てないでとっておくように」

親 「(ガクガクブルブル)」

ということで、読んでみました。

キャリアポルノというのは自己啓発本のこと。ポルノをいくらみても、実際の男女で性行動をするひとがいるわけではなく、ポルノをみて満足するのと一緒で、キャリアポルノ(自己啓発本)はいくら読んでみたところで、自分の生き方は考え方を変えるわけではなく、一時的に意識が高くなってそれで終わりだということを指摘しています。

キャリアポルノなんぞ読んでも意味が無い

この本自体が、キャリアポルノを読む層に馬鹿にした、キャリアポルノではないかという批判がアマゾンではたくさんついていますが、注意深く読めば著者の主張はそうではないことがわかります。

これは、むしろ、キャリアポルノを読まざる得ない層への愛のメッセージです。

キャリアポルノなんて、読んでも何も変わらない、秒速で億万長者になれたり、5日でMBAの知識がついたり、戦略コンサルタントに転職できわけではありません。

ポルノと一緒で、読んで終わり。読んで満足。そういうものなのです。

キャリアポルノは、ポルノといっしょで、エンターテイメントではないでしょうか。自己啓発本に効果をもとめるのは筋違い、せいぜいユンケルのような一時的な精神高揚効果しかありません。

ようするにこれはエンターテイメントとして読むべきだということなのです。

あはは・・・秒速で1億円なんておもしろいこといってるなぁ、とか

いままでは1年で1億とかの世界だったのに、ついに1秒で一億の世界まで来てしまったかすげーな、とか

そういう感じで多少ナナメにみながら、楽しんでいればいいのだとおもいます。

ハリウッド映画を見て、スーパーマンみたいに普通のうだつのあがらない青年も一夜にしてスーパーマンになれるとか、青い色をした異世界の巨人に人間がアバターして愛をかたっても、それから別に人生の教訓をえて、生まれ変わろうとは思いません。ああ楽しかったでいいわけです。

当のポルノだって、あれで性交が上手くなるとか、モテるようになったり、ましてや早漏がなおったり、珍子が1cm伸びるとかそういう効果なんか考えたりしませんし、キャリアポルノでよくあるように千円札を拾う時間や、時給を考えたらタクシーをつかえとか、そういった教えを額面通りにうけとって、ポルノを見ている時間を時給計算して、そのお金でアレな店にいったほうが、リアルな体験ができるんじゃないかとか、そういう効率性を説教しているわけではないのです。ポルノとは、単に興奮して、慰めが液体がティッシュを濡らせばそれであとはどうでもいいわけです。

なので、キャリアポルノも、ああ、楽しかった、ああ興奮した、ああちょっと汗が出た、とか、すなおに読後の清涼感を楽しんで、あとはゴミ箱にすててしまって忘れてしまうのが正しい読み方だとおもます。

著者は、キャリアポルノに惑わされるような人生はつまらないものだといっています。

仕事がすべて、キャリアップがすべてではなく、昼間の仕事はつまらなくても、夜になると女装して自転車で駆けずり回ったり、アナルがどうのこうのと叫ぶようなバンドのショーにいって頭を振りまくったりすることで、生きがいを感じて楽しければそれでいいのだと。

日本人は働き過ぎ、強迫症です。もっと、ゆるく生きていいのだ、もっと、人生をたのしみなさい。

という力を抜いて、もっと周りのひとや自分を愛しましょうというメッセージだと取りました。

後半は、著者の知られざる半生やイタリアでの話などがあり、前半までとはちがい、またーりと読むことができました。

キャリアポルノを徹底的にこき下ろす内容かとおもいきや、ありのままの人生を肯定する、とてもやさしい内容のように思えたのです。

軽く読める本なので、エンターテイメントとして読むといいと思います。批判のなかには「これ自体がキャリアポルノではないか?」「もはやブーメランじゃないか」という指摘も多いようですが、著者が気づいてないわけがありません。これは一流のエンターテイメントなのですよ、みなさん。こういう高度なレトリックを忍ばせる著者のセンスが好きです。

電子版は475円ですので、ぜひ気軽に楽しんでみてはとおもいます。

キャリアポルノも、キャリアポルノを人生の無駄とした本も、メイロマさんのツイッターもすべてみな人生を楽しむには欠かせないものです。大いに楽しみましょう。

 キャリアポルノは人生の無駄だ (朝日新書)

キャリアポルノは人生の無駄だ (朝日新書) 谷本真由美(@May_Roma) (2013/6/13)

 

googleの地頭力採用が終了

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

http://www.j-cast.com/kaisha/2013/07/03178573.html

J-Castからの孫引きニュースになるが、NYTによれば、Googleが採用試験でいわゆる地頭力問題を出すのをやめたようだ。

採用担当者は、”この種の質問を解き明かす力と、将来業務で発揮できる能力やIQとの関連性に疑問が生じた”としている。

「シャツでいっぱいの戸棚があるとします。
特定のシャツを見つけるのは非常に難しいです。
簡単にシャツを見つけるためにどのように整理しますか?」

「高速道路で30分間に自動車が存在する確率が0.95である場合、
10分間では確率はどれぐらいになりますか?」

といったものが典型的なgoogle問題だ。

これで地頭力はオワコンになるのだろうか。私の意見の述べてみたい。

注意したいのは、Googleへの採用ハードルが下がったということではない。Googleの求める人材像が変わったということではない。Googleがもとめる人材像は一貫しているが、その人材は、地頭力問題では判断できなくなった、ということだろう。

ひとつに、この手の地頭力問題(ブレインティーザー)は、対策がされやすいということもがある。とくに数値計算の問題では基本的な確率論や数学やアルゴリズムの基礎を言い換えているだけの問題もあって、それらの問題は試験対策されやすい。試験対策をするやつが増えて、あまりに画一的な回答が増えた。それによって、スクリーニングとしての機能が発揮できなくなってきたのだろう。

かと言って、これを安直に、Googleが数理能力を求めてないと解すのは安直だ。

地頭力問題(ブレインティーザー)を解けるだけではGoogleの求める人材には至らないが、地頭力問題で大きくつまづいているようでは、そもそも入り口にたてないと解したほうがいいかもしれない。

同様の問題はコンサルティングファームでも出題されている。

コンサルティングファームでも、地頭力問題だけで、採用の可否を判断しているわけではない。これはマッキンゼーの「採用基準」を読めば、そうでないことがわかる。

ただ、かといって、地頭力がない人を採用できるというわけではない。

かつては地頭力だけあったら採用されていたのかもしれないが、現在ではそんなことはなくなったということだ。ベーシックなレベルの地頭力はもちろんあることが前提で、その上で、リーダーシップやクリエイティビティをもった人が採用されている。

他の能力にくらべて相対的に地頭力が重視されなくなったということと、地頭力が不要になったということはイコールではない。依然としてコンサルタントとして理論整然と議論し、物事を整理できるレベルの地頭力はマストである。

しかしそういうレベルのひとが増えてしまった。なので、地頭力は大前提。地頭力がある程度ある母集団のなかで、「リーダーシップ」や「飛び抜けた才能や突破力」のあるやつを採用することだ。

つまり・・・簡単にいうと・・・

「より採用のハードルが上ったw」

ということである。

身も蓋もない結論であるが

 

「空気」に負けての不正は減刑の理由となりえるのか?

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130703/k10015768961000.html

オリンパスの元社長の判決がでた。1000億円を超える粉飾事件で、まさに間違いなく明確な意図のもとに粉飾をおこなった社長が、懲役3年、執行猶予5年である。

もちろん、十数億円の粉飾で実刑をくらったホリエモンと比較しての話しがでている。ホリエモンは執行猶予がつかなかった。

金額の多分からいったら、おかしいのだが、これには日本的な事情が伺える。

「損失隠しを最初に決めたのは前の社長らで、いわば負の遺産を引き継いだ側面も否定できない。また、裁判ではみずからの誤りを認め反省している」

という一文につきるだろう。

つまり、あくまで社長は、”サラリーマン”として、まえの社長からひきついだ粉飾をおなじようにしつづけるしかなかった、ということだ。そして、サラリーマンとして、空気に従うしかなかったわけだから、その罪は比較的軽いと。

そして、この手の大企業の社長は自社の株をほとんどもっていないから、粉飾で株価を吊り上げて利益を得るということにはならない。

つまり、動機がクリーンなわけだ。

自分の私利私欲や、金儲けのため(株価操作)のために、粉飾したわけではない。

一方で、ホリエモンは、株価をつりあげ、自分の持ち株を高値で売り抜けた。つまり、金の亡者だったということだ。

丸山眞男もいうように、こういった「動機の純粋性」が量刑にかかわってくるのが日本の特徴だといえよう。

しかし、被害をうけたのは、株主である。不正によって、株価が下がり、財産が既存された。

つまり、この手の粉飾事件は、本当の被害者は株主なのであって、株主が被った被害の大きさが、事件の悪質具合を測るメジャーになるべきなのが本筋といえる。しかしながら、日本においては、またもや株主はおいておかれて、世間様にたいして「申し訳を建てたか」どうかで、罪がきまってしまう。

サラリーマンとして仕方なくやったひとは1000億でも執行猶予。

自分の持ち株のつり上げにやったひとは(そう認定された)は十数億で実刑。

面白い社会である。

オリンパス粉飾事件「空気」に負けての不正は執行猶予の理由として妥当なのだろうか?

5/14(火)「そしてみんなノマドになる」大石哲之・松井博トークイベントのお知らせ

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

「そしてみんなノマドになる」大石哲之・松井博トークイベント

みなさま、「企業が帝国化する」「僕がアップルで学んだこと」の松井博さんとの対談トークイベントが開催されますのでお知らせします。

もともと、松井さんが来日されるときに、お会いしませんかと光栄にも声をかけていただき(たいへん嬉しかったです)、せっかくならイベントをということで、こちらになりました。

本の出版イベントという体裁となりましたが、私の本の内容に沿ったものというより、現在おこっている、グローバル化、フラット化、企業の帝国化、それにともなう仕事の変化などを、松井さんの豊富なご経験を交えて、ざっくばらんにトークするということにしたいとおもっております。

とにかく私も松井さんとお会いしてお話できることが楽しみです。

ぜひみなさんもお越しください。

開催日:2013.5.14(火) 19:00-20:30

参加費: 0円

※ただし、参加資格: 大石哲之/著 『ノマド化する時代』  、松井博/著 『企業が「帝国化」する』 のどちらかの書籍を購入された方、または当日書籍をご購入いただける方。電子書籍版でもOKです。kindleなどの画面を見せて下さい

開場: 18:45

定員: 30 名 満員御礼につき80名に増席しました。 80名、満員御礼。締めきりました。

ディスカヴァー・トゥエンティワン
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-16-1 平河町森タワー 11F
http://www.d21.co.jp/company/access

このトークイベントでは、 『ノマド化する時代』  著者の大石哲之さんと、 『企業が「帝国化」する』  著者の松井博さんが、ノマド化する社会の現状と21世紀の仕事の行方、そして私たちが生き残るためにすべきことを語ります。

対談テーマ

 ・雇用の形態は多様化がもたらす「契約労働=ノマド」の時代
 ・世界の最先端では、雇用の形態は、どのように変化しているのか?
 ・IT がもたらしたフラット化が、20億人の参入を生む
 ・21 世紀の仕事の行方?
 ・安全をお金でかう?
 ・優遇されるハイパーノマド
 ・下層ノマドの恐ろしい現実
 ・中間層は何処へいくのか? ラストワンマイルジョブ

* こちらのセミナーはチケットの発行をいたしません。当日受付でお名前の確認をさせていただきます。
* 20:00以降の入場はできませんのでお気を付けください

お申し込みは、こちらのディスカヴァーのページからお願いします(画面下のほうに申し込みフォームへのリンクがあります)

本をお持ちでないかたは、当日買われてもよいですが、ぜひ事前に読んでおいていただけると理解も深まると思います。↓こちらの2冊です。

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)
大石哲之(@tyk97)
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 6,560

批判めいたmentionしてくる人々の分類

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

最近、ツイッターのタイムラインで揉め事が頻発しているのを見かける。

そこで、mentionのタイプを幾つかに分類してみたのが上の図。
指摘内容のまともさと、mentionの姿勢によって、コンサル風にマトリクスにしてみた。
これで、どのように振る舞えばいいのか、ちょっと考えてみよう



①害のない人
指摘はまるで的外れであるが、丁寧で腰の低い人。
mention内容がピント外れであるため、返答しようにも困ってしまうが、丁寧な発言であるので、怒りが湧くわけではない。
華麗にスルーしておけば良い。

②ヤバい人
とつぜんえらい失礼な物言いで食って掛かってきて、さらに発言内容までヤバい人。これは狂気そのものである。これは躊躇いもなくブロックしておこう。

③よき批判者
丁寧に、間違いや問題点を指摘してくれる人。
発言姿勢が丁寧であり、発言内容も的確な人である。
こういう人に指摘されたら、ムキにならずに、素直に誤りがあればそれを認めたり、問題点について指摘してくれたことを感謝しておこう。
よい批判者は、よき支援者やよきアドバイザーとなり得る。

④炎上の種
TLが荒れるのは、このタイプのひとが出現するからだといっていい。①~③しかいなければタイムラインは荒れない。炎上はもっぱらこの④のタイプによって引き起こされる。

このタイプのひとは、けんか腰で食って掛かって、バカとかアホとか、失礼な物言いから始める。
ただ、よくよく発言を見てみると、根拠が無いわけではなく、ある程度的を得たな問題点を投げかけていたり、中には、しっかりとした批判であることも多い。
失礼な物言いさえしなければ、とてもアタマの切れるひとになるわけだが。

これに対し、Mentionをもらった方は、
まず失礼なもの言いの時点でカチンときてしまって、話の内容を吟味する前に、喧嘩を買ってしまう。

「どちらがバカかみなさんはお分かりですよね。何様なんでしょうか RT @hogehoge ○○○って真性のバカだなこいつ」

こうなると炎上まっしぐら。そのうち、メンションしたほうにも味方が現れて、両陣営に支援者がつき、まるで原発論争のように・・。

<つぶやく方(発言者)の言い分>
・失礼な物言いで食ってかかるというのは人間性からしておかしい。
・このような人の話は、どんなものであれ聞く必要はない。
・まずは、その言い方を改め、失礼を謝罪してからでないと始まらない。
・勝手に食ってかかってきたひとに、全部丁寧に答えないといけない義務などどこにもない。私はそんなに暇でもお人よしでもない。

<Mentionした人の言い分>
・おかしいものをおかしいといって何が悪い。
・内容は的確であり、批判を逃れるつもりなのか
・都合の悪いことを指摘されると無視。挙句の果てに議論を封殺。コミュニケーションしようとしない。

・議論を避けて、自分の誤りを認めないアホは、やっぱりアホだ。どっちがアホかわかっただろう。


こうなると炎上です。

さらに双方に味方が登場

<発言者側の味方現れる>
・あのようなアホを相手にして、○○さんの時間を無駄にする必要はないです。
・礼儀作法がなってないひとは、もっと晒し者にしてやったほうがいいんです
・○○さんと友人です。僕は○○さんを支援します

<Mention側の味方が現れる>
・批判者は結構まともなこといっているじゃないか。発言者は逃げてるな。たいしたことないな。
・発言者のまわりは感情だけで応援している”信者”や”身内”ばっかりだな。はっきりいってキモイな。

そして、大炎上となる。

解決策は論理的に考えて、つぎの2つのどちらかしかありません。

・mention側が大人になって、言葉遣いを謝り、再度整理して批判をつづけるか、
・発言者側が大人になって、言葉が悪い部分をスルーして、論点のみを取り上げるプロのファシリテーションを展開するか。

おたがい、自分だけが折れるのはなんなので、
・言葉遣いはあやまる
・そのかわり批判点についてはちゃんと取り上げてちゃんと解答する
この両方をセットで一緒におれませんかと第三者が仲介するのがよいのでしょう。

実際は、エスカレートして、最後はブロックしあうということになる場合がほとんどのようですが。


●記事に共感いただけましたら、(@tyk97 ) もフォローください!

●これらのキーワードに関心ございませんか?

  ノマド、海外移住
  新興国に住む、、新興国で働く、新興国で会社を作る
  グローバル化、グローバル時代の生き方
  デュアルライフ、デュアルジョブ、マイクロ起業

 1つでもピンときたら、会員制サロン tyk projects でお待ちしております。 ⇒ご入会案内

定員に達しました

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

申し訳ございません、こちらの会員は定員に達しました。
他の会員種別をお申し込みください

特定商取引法における表記

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

特定商取引法における表記

運営者 大石哲之事務所
代表者 大石哲之
所在地 東京都江東区三好1-5-2
商品名 tyk projects
商品内容 会員制有料コミュニティサービス(購読料)

連絡先 tyk@tetsuyuki.com
お支払い方法 Paypalによる課金

商品に関する注意書き 
本商品は、会員制コミュニティへの参画(購読といいます)自体が商品です。コミュニティ参画で得られる効果、情報などについては個人差があり、必ずしも目的に沿った情報がタイムリーに手に入ること、利益・効果があることを保証するものではありません。

利用料金
1ヶ月会員 ・・ 1100円(税込1155)円 月額課金制
3ヶ月会員 ・・ 3300円(税込3465)円 3ヶ月毎課金制

年間会員   ・・ 12000円(税込12600)円 1年毎課金制

課金について
課金は、登録された会員種別のサイクルによって課金されます。課金日以前に退会された場合でも、課金日までの料金は返還いたしかねます。
課金種別の変更に関しては、一度決済をキャンセル後、再度申し込む形とします。




ノマド研究所 利用規約

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所 利用規約

第1条 用語
本規約において使用する用語の定義は、以下の通りとします。
「当社」大石哲之事務所
「本サービス」ノマド研究所
「退会」本規約及び当社が定める方法により、会員登録を抹消し、本サービスの提供を終了すること

第2条 会員
1.本サービスの会員とは(以下「会員」)は、本規約および当社が定める方法により、会員申請し、当社がこれを承諾した個人をいいます。当社が不適切と判断した会員申請は、お断りすることがあります。
2.会員は会員1人につき1件のみなれるものとします。
3.会員は、本サービスに登録した時点で、本規約及び規約と一体となるガイドラインに全て同意したものとみなします。不承諾の意思表示は、本サービスからの退会のみによって認められるものとします。
4.会員は本サービスを利用するにあたり所定の利用料金を支払うものとします。

第3条 会員情報
1.会員は自己の責任と費用負担によって、メールアドレス、識別IDおよびパスワード、Facebookアカウント、Paypal口座等、本サービス利用にあたり必要な情報(以下会員「会員アカウント」といいます)の使用及び管理を行うものとし、会員アカウントの貸与、譲渡、売買、質入、公開等をすることはできません。
2.会員は、会員アカウントの情報の漏洩、使用上の過誤、第三者の使用、不正アクセス等による損害の責任は会員が負うものとし、当社は一切責任を負わないものとします。万が一、会員アカウントが不正に利用されている疑いがある場合、直ちに当社にその旨連絡を取ると共に、当社の指示に従うものとします。

第4条 退会
1. 会員は、本規約及び当社が定める方法により、いつでも本サービスの利用を終了することができるものとします。
2. 当社は、会員が以下のいずれかの事由に該当する場合、又はそのおそれがあると当社が判断した場合、会員への事前に通告・催告することなく、かつ、会員の承諾を得ずに、当社の裁量によりただちに当該会員を退会させることができるものとします。
・本規約に違反した場合
・登録情報に虚偽、過誤がある場合
・登録された電子メールアドレス、Facebookアカウント、Paypal口座などが機能していないと判断される場合
・第三者になりすまして会員登録を行った場合
・利用料金を支払わなかった時
・本規約に定める禁止事項を行った場合
・会員が死亡した場合
・その他、当社が会員として不適切と判断した場合
3. 前項の場合において、当社が何らかの損害を被った場合、会員は当社に対して損害の賠償をしなければならないものとします。

第5条 サービス
1)本サービスは非公開のオンラインコミュニティ ノマド研究所及び、コミュニティと一体となる各種のサービスを提供します。
2)当社は本条に定めるサービス以外のサービスを随時追加して実施することができるものとします。

第6条 サービスの改変、終了
1.当社は本サービスの全部または一部および関連するサービスの提供に関し、理由の如何に関わらず、会員に何ら通知することなく、変更、改変、または、サービスの停止、終了を行なうことができます。 ただし、サービスの全てを廃止する場合には、当社が適当と判断する方法で、事前に会員にその旨を通知もしくは本サービス上で告知するものとします。
2)本サービス終了とともに、会員の本サービスを使用する権利も終了します。本サービスが終了した以降に、会員が本サービスにおいて登録したデータや書き込み、保存しているメッセージ等につき、当社は、永続的な保持、情報の返却あるいは形式を変更した提供を行う義務を負わないものとします。

第7条 禁止事項
本サービスの使用時には次のいかなる行為も無条件に禁止します。また、禁止事項は当項目のほか、別途定める、投稿ガイドライン・運営ガイドライン・会員ガイドライン等各種の運営上のガイドラインも、本項と一体してこれを定めるものとします。
(1)偽名、虚偽内容での会員登録、または利用
(2)虚偽内容の投稿
(3)犯罪行為もしくは犯罪行為に結びつく行為、民事責任を発生させる行為、ハラスメント、ストーカー行為、脅迫その他、会員に適用される法令その他の法規に違反する行為もしくはそのおそれのある行為、他者の名誉または信用を毀損しあるいは誹謗中傷する行為もしくはそのおそれのある行為、わいせつ、賭博、暴力、残虐などの情報を送信する行為もしくはそのおそれのある行為、公序良俗に反する行為、その他当社が不適切と判断した行為
(4)他者のプライバシーまたは個人情報を許可なく掲載または送信すること。
(5)ウィルス、ワーム等コンピューターを汚染しまたは破壊する恐れのある情報、ファイル、ソフトウェアを掲載または送信すること。
(6)著作権のある文書、画像あるいはプログラムであって使用許諾を得ていないもの、営業秘密その他財産的価値を有する機密情報、不法に使用されている商標あるいはサービスマークなど、他者の権利を侵害するメッセージ、データ、画像あるいはプログラムを掲載または送信すること。
(7)手段にかかわらず本サービスの運営を妨げ、あるいは本サービスの他の会員を妨害すること。
(8)他者に関する情報を承諾なく収集または開示すること。
(9)本利用規約で認められる場合を除き、本サービスの他の会員の書き込み、あるいは本サービスの利用に関する情報の一部または全部を使用し、ダウンロードその他の方法によりコピーし、または、本サービスの会員以外の個人または法人に有償無償を問わず提供すること。
(10)パスワードの探知、ハッキングまたはその他の手段により、本サービス、他のアカウント、本サービスに接続されたコンピュータシステムまたはネットワークへの不法アクセスを試みること。
(11)本サービスを介して技術データやソフトウェアの国外への送信に関する法令その他の適用法令に違反すること。
(12)本サービスの運営を妨害する行為、本サービスの信用を失墜、毀損させる行為。
(13)本サービスを利用して、営業活動、営利を目的とした情報提供活動をおこなうこと
(14)別途定める、投稿ガイドライン・運営ガイドライン・会員ガイドライン等各種の運営上のガイドラインに定める項目に違反する行為。
(15)複数人でアカウントを利用する行為。

2)前項の場合において、当社が何らかの損害を被った場合、会員は当社に対して損害の賠償をしなければならないものとします。

第8条 免責/責任の制限

1)当社は、当社が提供するサービスに於いて、会員間で生じたトラブル(違法又は公序良俗に反する行為の提案、著作権の侵害、名誉毀損、侮辱、プライバシー侵害、脅迫、誹謗中傷、いやがらせ等)に関して、一切の責任を負わないものとします。

2)本サービスに含まれ、または本サービスにより入手可能な情報およびサービスには、間違いや誤植が含まれることがあります。当社および情報提供者はいつでも情報およびサービスを変更または削除できるものとします。当社は本サービスが停止もしくは中断されないこと、エラーがないこと、瑕疵が修正されること、あるいは本サービスおよび本サービスを提供するサーバーにウィルスその他の有害な要素がないことを表明または保証するものではありません。

3)本サービスの情報の利用により得た成果、又は、その情報自体の合法性や道徳性、権利の許諾、正確さについて、当社は、これらの事項につき事前もしくは事後に調査する責任を負わず、かつこれらの事項により会員に損害が発生しても一切損害賠償その他の責任を負わないものとします。

4)理由のいかんを問わず、本サービスに関連して情報もしくはメッセージ、連絡事項が適時に到達しない場合があることを会員には予めご承諾頂くものとします。当社は、上記データ、情報又は連絡事項が、正確なもの、時宜に適したもの、又は信頼性のあるものであること、並びにこれらが会員又は第三者の要請に従って、常に送信されるものであることを表明もしくは保証するものではありません。

5)当社は、本サービスの使用もしくは使用の結果、または誘発された結果、会員に損害が発生しても一切損害賠償その他の責任を負わないものとします。消費者契約法その他の法律により、本条の免責事項が無効と判断された場合であっても、当社が負担すべき損害賠償の範囲は、本条に記載の事項が当社の責に帰すべき事由により発生した場合に会員が被った直接損害に限られるものとします。

第9条 本利用規約の変更
1)当社は、随時本規約を改訂することができるものとし、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。会員は本サービスを継続利用した時点で本規約に合意したものとみなされます。不承諾は、退会を持ってのみ認められるものとします。
2)当社は、本規約を改訂した場合、本サービス内または本サービスに係わるウェブサイトなどを使い随時、会員に告知するものとします。

第10条 専属合意管轄裁判所
会員と当社との間で訴訟の必要が生じた場合、当社の指定する裁判所を第一審の専属合意管轄裁判所とします。

第11条 付則
1)本利用規約は2012年6月9日から実施します。
2)2012年6月9日以前に入会した会員に関しては、本サービスの利用を継続するには、本規約に同意する必要があります。当社は会員に対して第9条に定める方法で告知し、告知した日から7日以内に会員が退会しない場合、当該会員は本規約に同意したものとみなされ、当該会員と当社との間で本規約の効力が発生するものとします。

2012/6/12 一部改定
2013/4/1 規約名称及び、「本サービス」を、tyk projects より ノマド研究所 に改定
2013/7/2 一部改定、誤字などを修正