ノマド研究所活動レポート(2017/4/17)ちきりんの『自分の時間を取り戻そう』「生産性」/生産性と家事/生産性とベーシックインカム/低生産性の人は無理をしなくていい

引き続きノマド日記ですが、今回は生産性をテーマに自分自身を振り返ってみました。私の場合、ノマド完成まで、5年かかりました(収入は落としていません)。
(続きはノマド研にて)

【ノマド日記】ちきりんの『自分の時間を取り戻そう』「生産性」
ちきりんの『自分の時間を取り戻そう』「生産性」を買いました。

タイトルをみて、実にピンときました。
私もノマド研を立ち上げて、現在にいたるまでの4-5年間というのが、まさに自分の時間と人生を取り戻すための作業だったからです。 続きを読む

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所活動レポート(2017/4/3)マイナンバー確認書/マイナンバーの手間/マイナンバーのセキュリティ/マイナンバーは欠陥だらけ

引き続きノマド日記です。日本に帰った際にマイナンバー制度に困惑したので、その時の記録をかいておきます。他のノマド民の方々の意見も頂戴したいです(続きはノマド研にて)。


【ノマド日記】マイナンバー確認書
日本に戻ってきて、実家に転送しておいた郵便物を受け取ると、大量の「マイナンバー確認書」がおくられてきていました。

一円でもお金を支払うと、マイナンバーを確認しないといけないらしく、取引のあった会社からのきなみ確認書がおくられてきました。 続きを読む

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所活動レポート(2017/3/13)預金封鎖、インド/Alibaba Express/日本で食べたい食べ物/なにごともやってみるべし

さて、引き続きノマド日記です。今回は経済ネタが中心で、わたしがノマドとして、普段なにを意識しているのかがよくわかるかと思います(続きはノマド研にて)

【ノマド日記】預金封鎖、インド
さてビットコインの初心者向けのビデオを撮影しにいってきました。
そこで、一番の注目トピックとしてあげたのが、インドの高額紙幣の廃止です。

多く報道がされているのでみなさんもごぞんじとおもいますが、1000ルピーと500ルピー札が無効になる宣言がなされ、その4時間後から無効になりました。 続きを読む

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所活動レポート(2017/3/3) ヤバイ予約サービス/生産性より優先するもの

2017年に入って、久しぶりの更新です。目新しい出来事としては、会社を設立しました。近頃は完全にノマド化した自信ができてきたので、書き溜めていたノマド日記を少しづつ配信してこうと思います(続きはノマド研究にて)

【ノマド日記】ヤバイ予約サービス
先日、台湾を経由して日本に戻る際に散々な目にありましたので、シェアしておきます。 続きを読む

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所活動レポート(2017/1/6) 家を離れるときのカビ対策/金持ちでなくなっていく日本人/ゴーゴンタップ/NOKIA1280/万年筆/ノマドライフともの選び

さて今回はノマドっぽく、ベトナム日記とアイテム紹介を。

【ベトナム日記】家を離れるときのカビ対策
さてここ最近は、台湾を経由して日本に一時帰国をしていました。1ヶ月くらい日本滞在で居る予定でまた年末前にベトナムに戻ってきます。

日本とベトナムではこの片付け事情が結構違います。こちらはちょうど雨季になっていて、雨季から逃げるというかんじです。ただ、雨季に1ヶ月ほど家をあけていると、大変なことがおきます。 続きを読む

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所活動レポート(2016/12/21)フリーランスと、もったいない/楽観主義の効能と悲観主義の害悪/楽観主義と保険セールス/楽観主義の捉え方を学ぼう

さてオプティミズムシリーズ、久しぶりの更新です。なんとこのブログ、Dos攻撃を受けて少しの間ダウンしてました。そして1ヶ月ぶりにベトナムに帰ったのですが、家はカビだらけ…(続きはノマド研にて)

【ベトナム日記】フリーランスと、もったいない
ちょっと横道にそれますが、ベトナムを訪れたフリーランスの編集者の人とお会いしたときの話。まあビールを飲んでの雑談だったのですが、いくつか印象的だった話を。

web系の媒体の需要は増えていて、どこのサイトも自社メディアを作ったりしている。webでどうみせたらいいかはノウハウが必要なので人は足りてない状況。つぎから次へと仕事はあるそうです。
紙メディアの没落で、編集者は食えない仕事のNo1にエントリーされていて受難の時代かと思いきや、Webに転向した編集者は仕事のほうが多いという。

さて、この方、新卒では朝日新聞に入社したらしい。そして3年で辞めた。もう20年くらい前の話。そのときは、会う人会う人から、

「もったいない。なんで辞めたのか?」

「せっかくなのに、もったいない」
とにかく、もったいないという言葉ばかり言われたそうです。本人はそう思ってなくて単に肌が合わないから辞めたそうですが。そして、最近この話をすると、

「(朝日新聞を3年で見切るなんて)先見の明がありますね」

と言われるらしい。

時代はかわったものです。
しかし、このエピソードは、そういうことがいいたいのではありません。朝日新聞の没落はどうでもよいわけです。

本質は、

「なぜこうも周りのひとは、勤めている会社と、その人を一緒くたにして捉えるのだろうか」

ほんとうにおっしゃるとおりと頷くばかりです。(続きはノマド研にて)


【オプティミズム04】楽観主義の効能と悲観主義の害悪
鬱にならない楽観的な1割のひとは、物事を短期的、個別的、限定的にとらえるといいました。これはどういうことでしょうか?これを診断するテストが本のなかにあるので、やってみるとおもしろいです。
オプティミストは、悪いことにぶつかったときに、その影響を、短期的、個別的、限定的にとらえます。

例えばテストの点数が悪かったとします。
テストの点が悪かったのは短期的で、またそのうち良くなるさと考え、またちょっとニガテな問題がでたからたまたまだと考えて原因を他のところに求めます。ようするに他人のせいにするw

そして、自分は別にアタマが悪いわけではなく、テストと相性がわるく、また準備不足だっただけだから、次にもういっかい準備をして受ければ、クリアできると考えます。

これが典型的なオプティミストの考え方。

つまり悪いことは、長く続かず影響は限定的、自分のせいではないと考えるわけです。
なのでオプティミストは、「再トライ」して「失敗しても諦めず」、「粘り強く成功するまで頑張れる」わけです。そして結果、成功してしまう。

まさに、これって、成功者のインタビューで出てくる話じゃないですか?決して諦めず、自分を信じて、コツコツ努力した、っていう話。そうなんです。
それが出来るのは、さきほどのように悪いことの原因を、短期的・限定的・個別的に捉える考えがあるから、それができるわけなのです。

反対にペシミストは、これを逆にとらえます。つまり、悪いことは長くつづき、影響は他にも及び、すべての原因が自分だと捉えるわけです。

やがて勉強をしなくなり、どうやっても無駄という考えになり、努力をしなくなる。
これってなんか、いわゆる駄目なひとの考え方にそっくりですよね(笑)
いわゆるあきらめで、(続きはノマド研にて)


【オプティミズム05】楽観主義と保険セールス
つまりここまでの議論で何がいいたいかというと、

悪い出来事について・・・短期的・限定的・個別的に捉え、
良い出来事については・・・永続的、全面的にとらえる

という思考様式の人は、うつ病になりにくいだけではなく、どうやら人生もうまくいく傾向にあるということなわけです。

博士は、離婚率や、仕事についている割合、収入、慢性疾患、ドラッグなどの依存症、寿命といった、基本的な要素について、悲観的なひとと、楽天的なひとを比べて調査しました。

すると若いうちに悲観的だった人は、時間が立つに連れて、これらの要素において、悪い統計がでたということです。

つまり悲観的思考は、人生や健康のあらゆる面で、マイナスになってしまっている。博士は更に、ビジネスの成功についても、保険会社といっしょに実験を行います。

保険のセールスマンというのは、とりわけこうした楽観志向が求められる職種で、10人に断られてもそれでも電話をかけ続けるといったことが必要です。これを諦めずに、タフにデキる人だけが、保険セールスで成功します。

博士は、保険会社の採用において、博士の編み出したテストで、こうした能力のあるひとを抽出できないかということを考えます。
で、実際にやってみたところ、(続きはノマド研にて)


【まとめ】楽観主義の捉え方を学ぼう
これは非常に目からウロコな情報なので、楽観主義のおさらいを簡単にしましょう。

情報の捉え方には「短期的・限定的・個別的」または「永続的・全面的」がある。一般的に楽観主義者と聞くと、なにごとも前者の捉え方をするイメージ。明日は明日の風が吹くみたいな。

しかし意外にも使い分けているんですね。ここが結構重要です。良いことも悪いこともすぐ終わるのではなく、良いことは長続きすると捉えるのです。こうすると続かなかった時にショックを受けそうですが、悪いことは短期的なものと捉えるので万事オッケーになるわけです。(続きはノマド研にて)

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所活動レポート(2016/11/21)非認知スキルとオプティミズム/無気力状態/諦めないタイプの人の思考/楽観主義 = ポジティブ博愛主義ではない

子育てシリーズは先週で終えて、今週からはオプティミズム(楽観主義)について勉強していきます。簡単に言うと、「どういう考え方をしている人が成功しやすいのか?」という、考え方の勉強ですね(続きはノマド研にて)


【オプティミズム01】非認知スキルとオプティミズム
さて、子育てシリーズでは、非認知スキルが大事という話がでてきましたが、この非認知スキルと関連する話で、オプティミズム(楽観主義)がでてきました。 続きを読む

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所活動レポート(2016/11/16)【ノマドライフのアイテム紹介】Howard Leight ファームフィット/小型会議用スピーカー/Bluetooth スピーカーUBTS300/SEIKO5/超軽量ウインドブレーカー

子育てシリーズはいったん休憩し、今回は私がノマドして愛用しているアイテムを紹介します。移動に重宝したり、海外にいるときの電話会議だったりに使うものです。生活、仕事ともにクオリティを上げるものですね(続きはノマド研にて)続きを読む

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所活動レポート(2016/10/24)子供のころの経験は大人になった時にどう影響するのか?/何が人生の成功に最も大事なスキルか?/失敗する子しない子/幼児期の環境は超重要

さて今回からは子育てをテーマに勉強シリーズを再開します。海外と日本を行き来しつつの子育てはあまり事例を知りませんから、勉強しつつ実践といった感じです。いろいろな意見を頂戴したいテーマです(続きはノマド研にて)

【子育てシリーズ01】子供のころの経験は大人になった時にどう影響するのか?「子供のころの経験は大人になった時にどう影響するのか?」というのは、最大の謎であり、もっとも興味深いテーマだと思います。

私も昨年子供がうまれまして、現在9ヶ月。海外で子育てしていることもあり、与えられた環境というより、どのような環境に子供を置くべきかということについては、主体的に考えています。 続きを読む

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所活動レポート(2016/12/5)小学生にサムライカレーを/チェスとアドレナリン/最近の若者論/子育てシリーズ超まとめ

さてここまで紹介してきた子育てシリーズは今回で終了です。非認知スキルが大切というお話でした。継続は力なりというやつですね(続きはノマド研究にて)

【子育てシリーズ10】小学生にサムライカレーを
さて、成功の気質は鍛えることができるという話。具体的な鍛え方は載ってませんでしたが、例に上げた学校では気質の成績表を実際につけているようです。これも気質は鍛えられるという考え方からでしょう。 続きを読む

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所活動レポート(2016/10/17)過剰な自制心/7つの気質/アメリカの裕福な家庭/継続は力なり

さて今回も、子育てシリーズです。自分が実際に子育てをしていることもあり、この分野は本当に興味深いです(続きはノマド研にて)

【子育てシリーズ07】過剰な自制心
自制心が強いだけでは、たんなる自己圧迫された人のようにも見えます。自制心の強い人は「決断を先延ばしし、満足をあとまで我慢して、喜ぶことを禁じられた人」のようにも見えますね。 続きを読む

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所活動レポート(2016/10/04)ストレス反応の特効薬/気質/気質自制心と意志力/IQではないものの影響が大きい

さて、子育てシリーズの続きです。幼少期の環境はその後の人生に、かなり大きな影響を与えることがわかってきました。ただし、必ずしもそれだけで人生が決まるわけではないことも(幼少期だけで決まったら切なすぎますからね…)。(続きはノマド研にて)

【子育てシリーズ04】ストレス反応の特効薬
子供の頃にストレスや逆境にされされると、前頭前皮質に影響がでて、自己コントロール機能の発達がおくれるということでした。これを防ぐにはどうすればいいのでしょうか。もちろんストレスがない環境が一番ですが、ストレスがあっても対処があるといいます。 続きを読む

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所活動レポート(2016/09/28)オリンピックを見て思うこと/日本の社会を埋め尽くすカエル男の末路/しがみ付きあう日本社会/海外就職はベトナムが狙い目

8月はオリンピックが盛り上がりましたね。今回はベトナムでのオリンピック事情も少し紹介してみようと思います。あとはとても面白い本に出会ったのでそちらの紹介と、海外就職について書きました。時代は変化してきています。(続きはノマド研にて)

【ベトナムとオリンピック】オリンピックを見て思うこと
リオオリンピック、こちらベトナムでは放送がありませんでした。途上国のひとにとって、オリンピックというのはなかなか選手も出場してないので、ハードルが高く盛り上がりくいためです。

ベトナムなんかは暑すぎて、陸上競技なんて練習する気になりませんし、アスリートにとってはこの気候は暴力的です。なのでベトナム国民はあまりきたいしてないわけですが・・ 続きを読む

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所活動レポート(2016/09/20) 日中は活動しないベトナム人/アーコトレクターが増えている/海外在住者に厳しい選挙制度/密かに誰かに気を使っている/日本のサラリーマン、移動しすぎて生産性低い説/柔軟さに欠け、いろいろと遅れている

先進国に分類されている日本ですが、実はちょくちょく遅れているなぁと感じる部分がある今日このごろです。今回はそんな部分をピックアップしてまとめてみました。皆さんの感覚も知りたいです(続きはノマド研究所にて)

【ノマド日記】日中は活動しないベトナム人
先月は昼過ぎに42度を記録する日もありました。連日の40度超えです。 続きを読む

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所活動レポート(2016/09/14) 儲かるビジネスモデル/パスポートセンターのおばちゃん/個人事業主は断る勇気が要る/仕事は無数にある

近頃は、子育てにはまっています(父親なので子育てするのは当たり前ですが)。今回は、海外(ペトナム)のこと、日本のこと、個人事業主のことをまとめました(続きはノマド研にて)

【医療事情】儲かるビジネスモデル
子供の発熱やらで、いろいろ医療事情がわかってきました。ところで、日本では医療はどの病院でも均一料金ですが、ベトナムでは病院によって値段が違います。 続きを読む

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所活動レポート(2016/09/06) とにかく暑いベトナム/フリーのディレクター/時間は無限にあると思う人たち/日本のテレビ業界はとっても謎が多い

さて、ここ最近は日本での手続きや子育てに追われており、更新ができませんでした。久しぶりの更新です。先日は「こんなところに日本人!」というテレビの取材がありまして(すでに放映済み)、その舞台裏を、最近のベトナムと合わせてちょこっとだけ紹介しようと思います。(続きはノマド研にて)

【ベトナム日記】とにかく暑いベトナム
私がすむベトナム中部は猛烈に暑いことで有名です。これは一昨日の気温ですが、なんと41.1度。これは暑い。 続きを読む

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所活動レポート(2016/05/30) 海外で上手に出店するには/バプルの予感/日本食の普及/

最近は、すっかりベトナムでの生活をエンジョイしています。妻の出産のためしばらく日本にいましたが、ベトナムにもどってみると、次々とあたらしい開発が。見たことの無いお店が。数ヶ月単位でめまぐるしく変わるベトナムはやっぱり面白いです。

(続きはノマド研にて)

【海外リーン・スタートアップ】海外で上手に出店するには
お店の前に10人以上のひとだかり。オープンから数ヶ月でトリップアドバイザー4位、噂の大繁盛のハンバーガー、BURGER BROSです。行列が途絶えない人気店となった秘訣をさぐりにいきました。

日本人と韓国人を中心に行列ができており、あたりにあまりお店がないのに、ここだけ人だかりができているという異常。7人乗りのタクシーで韓国人の軍団が押し寄せてくるなど、ものすごい人気です。

日本人経営です。さて秘訣なんですが、いくつか成功の法則がありました。

ひとつは、まず価格が安いのに、圧倒的日本クオリティ。ハンバーガーが、80,000 VND で、400円くらいからな。これにポテトとドリンクをつけたセットが、100,000 vndくらいで、500円です。

価格帯としてはローカル価格帯と、外国人向けのお店の中間くらいの値段設定。それでいて、クオリティは日本クオリティ。やっぱりこれだと人が来ます。関心したのは、この御店のスタートのやりかた。なんとスタンド方式で、8畳位の調理場しかありません。これだけ借りたらしい。

そして、あとは、お店の前と、となりの空き地(笑い)に、イスをならべて出店。つまり、実質8畳のキッチンだけのお店なのです。

これなら、不動産コストは抑えられるし、内装やインテリアもゼロ。人気店になったら、徐々に拡張していけばいいので、初期投資コストで倒れたりしません。

こういう感じで、お店をはじめるなら、(続きはノマド研にて)


【ベトナム日記】バプルの予感 
GWはみなさまはいかがお過ごしでしたでしょうか。ダナン・ホイアンは、年々観光客が増えていて、とくに昨年まつから、飛行機の路線がふえたことで、どんどん人が入ってきます。

香港ーダナン便に加えて、シンガポールーダナンが就航。両方ともにLCCでキャンペーン効果などもあり、沢山のひとが来てます。

ダナンも久しぶりにGWにを探検してみたのですが、近代的なショッピングモールができてビビりました。なんてことのないよくあるモールなのですが、こういうのが今までなかった。

そして、ついに、いわゆるコンドミニアムみたいなのが建設がはじまり、プレビルド案件が売られ始めました。バブルの予感がここまで忍び寄ってきたきがします。

ベトナムダナンは、ベトナムの(地理的に)第三の都市といわれておりましたが、なかなか発展せず。ここに来て急に発展の予感がしてきました。ダナンの日本人もどんどん増えているらしく、20代日本人の会なるものもできるくらいで、若い人も増えているっぽい。

日本から近く、親日のお国柄で、まだ他の都市で当たり前のものが揃ってない、ということで、けっこうこれはチャンスがころがっているかもしれません(続きはノマド研にて)


【ベトナム日記】日本食の普及
さて、先日ダナンの新しく出来たショッピングモールにいってきたのですが、日本食が3店舗あってびっくりしました。

SHOGUNという寿司
DARUMAという定食系
SUMOというBBQと鍋の食べ放題
の3店舗。

SUMOはまだオープン前でした。
これに加えて、MOCHI SWEETというスイーツがありました。寿司のほうは、これは完全にどローカル。基本魚ナシ。タマゴや、きゅうり、カニかまぼこ、ツナ缶、みたいな感じです。緑に着色したとびっこなどもあり、なかなか強烈でした。

価格もやすい。寿司持ち帰りパックが200円くらい。現地の寿司の特徴は、ご飯が酢飯ではないこと。酢飯は苦手なのかもしれない。DARUMAのほうは、鍋とか焼き魚とか、いわゆる定食系。お値段は400-500円くらいです。


見るかぎりどちらも、日本人経営ではなく、ベトナム人経営っぽいですね。こういうローカルによる日本食というのも増えてきている感じ。こういうところは、完全に現地むけにアレンジしてますから、なかなか衝撃的な味やアレンジだったりするのですが、それがベトナム向けなんだと理解するのにはとってもいいと思います

MOTCHIのほうは、(続きはノマド研にて)


【まとめ】海外に輸出できそうな日本クオリティ

ご飯は人それぞれ好みがあると思いますが、日本クオリティはやっぱりすごい。クオリティそのものが段違いだと思います。寿司なんかは海外でも食べられますが、海外在住日本人の私は、日本へ帰ったら必ず寿司をたべます。それくらい日本のクオリティは素晴らしい。

日本にはまだまだ輸出可能なものが眠っているのではないかと思います(続きはノマド研にて)

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所活動レポート(2016/04/12) 因果関係と、みたものがすべて/より簡単な質問に答えるヒューリスティックバイアス/早い思考のエラーを覚えておく

さて今週より、中断していたカーネマンですが、ぼちぼち再開します(続きはノマド研にて)


【カーネマン 08】因果関係と、みたものがすべて
システム1(早い思考)は、因果関係を見つけるのが得意です。というよりこじつけが得意。例えば、完全に偶然な出来事であっても、なにかの因果があることを期待してしまって結びつけます。

為替のニュースで、「○○が材料で円高」とかああいうのがあるとおもいますが、あれはまったくたわごとが多い。

円高という結果があって、その日に報道された一番おおきなニュースがあって、大きなニュースと為替の変動を、とにかく因果関係のようにして報道します。

なんの材料でも円高とか。商品価格が低迷、円高材料、原油安、円高に進行
NYダウ、円高、もはやなんでもいいわけです。

人間は、どうやら常に原因と結果があるということを信じたがるようです。
なかには原因などない場合も多いのですが・・。

つねに何かの原因を探す思考がつよいひとは、何が原因なのか探しまくって、ついには、誰かが意図的に私を邪魔している、みたいな妄想にもつながってしまうようです。

どうやらシステム1は、限られた情報だけで結論に急ぐという性質があるようです。


ストーリーのなかで大事なのは、整合性であって、完全性ではないとのこと。これは、つまりよくある警察の見込み捜査みたいなもんです。

最初に発見した2,3の事実だけで、ストーリーを描いてしまい、それが辻褄があっているものだから、それ以上は検証しない。

あつめた情報が、犯人である証拠としては不完全なものでも、不完全性はきにならないらしい。

自分がみたもの、自分がいま知っている情報がすべてで、その情報が整合性あれば、真実だと思ってしまう。これは、論理的思考ができないひとの典型パターンにあてはまるようにおもいます。

論理思考では、(続きはノマド研にて)


【カーネマン9】より簡単な質問に答えるヒューリスティックバイアス
心理の錯覚の話です、システム1は、複雑で考えるのが面倒な問題を、簡単で直感的に答えられる問題に置き換えて答える錯覚をするそうです。しかも、自分ではその錯覚をしたことに気づくことができない。

「元々の質問」に答えられない要な場合、システム1は、元々の質問から連想した、元々の質問とは関係ないものに置き換える。

その「置き換えた質問」に対する答えがぱっと頭に浮かぶようにできている。ぱっと頭に浮かんだ、置き換えた質問への答えを、元々の質問へのこたえと錯覚するそうです。

例を挙げます

「元々の質問」:絶滅危惧種を救うためのNPOに幾ら寄付すべきか?

「置き換えた質問」:瀕死のイルカを見かけたらどんな気持ちになるか?

「直感的な答え」:1万円

「元々の質問」:現在の生活はどのくらい幸福か?

「置き換えた質問」:いまの自分は気持ちが良いか?

「直感的な答え」:よい/悪い


心理学者が幸せに関する調査をした。

・あなたは最近どのくらい幸せですか?
・あなたは先日どのくらいデートしましたか?

こう聞くと、答えは相関がありそうだが、幸せ度と、デートの回数は比例しなかった。

しかし心理学者は、質問のしかたを変えた。なんと、(続きはノマド研にて)


【まとめ】早い思考のエラーを覚えておく
これまでも、カモられる人の話をしてきました。これらはだいたい、早い思考ばかり頼りにしている人に多いようです。かといって常に遅い思考をするわけにもいきません。

早い思考のエラーを覚えるようすると、より自分の判断に自信が持てそうですね。しかし日本のニュースがたわごとだらけというのも、早い思考のエラーを推奨しているようで考えものです(続きはノマド研にて)

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所活動レポート(2016/04/07) フリーランスとして提供できる付加価値とは/エンジニア・デザイナーが主流だが…/ノマドとして生き残るには/ビットコインデビットカード

4月、春ですね。ベトナムの一番よいところは野菜やハーブがすごく安いところです。トマト1キロで100円など、日本では高い野菜が安く手に入ります。さて年末はバタバタで更新が途絶えてしまいましたが、今週はQAコーナーが盛り上がったのでそちらを紹介したいと思います。カーネマンについては、来週より再開します(続きはノマド研にて)

【QAコーナー】フリーランスとして提供できる付加価値とは

今週は大変素晴らしい質問をいただき、議論が盛り上がりました。質問内容は

「個人が活躍していくにはどのような付加価値を提供していけばいいのか」

です。

最近は「ノマドワーキング」という言葉が流行り、在宅ワークする方も増えてきています。さらに、ランサーズやクラウドワークスのようなサービスで生計を立てている人もちらほら居るようです。

サービスの発達に伴って、事務作業など場所を問わずにできる仕事の数は増えてきました。簡単な作業は、すぐにコモディティ化(というか元から誰がやってもあまり変わらない、低価格競争が起こりそうです。

みなさんは、どうお考えでしょうか。以下に、参考になりそうな回答をまとめましたのでご覧ください(続きはノマド研にて)

【現在のノマドワーク】エンジニア・デザイナーが主流だが…

現在はエンジニア・デザイナー、あとはブログやアフィリエイトサイトを運営していたりとかする個人ですね。現在ノマドワーキングをしているのはそういった人たちが多いです。

しかし問題はこれらの仕事が今後も食っていけるかというところです。端的に言えば、コモデティ化と、新興国の代替が激しい領域。

特にデザインなどは代替が激しく、単発のデザイン、ロゴのデザインなどは途上国にどんどんシフトしていっています。エンジニアに関しても簡単なプログラムの開発はどんどん途上国にシフトしています。

そもそも個人に外注するメリットは組織に安く発注することですから、人件費の安いところへと需要が向きます。

ノマド研会員の中には動画でレクチャーを作っている方や、(続きはノマド研にて)

【今後のノマドワーキング】ノマドとして生き残るには

こうした中で、生き残っていくためには3つの方法があります。

一つは、自分も途上国に住んで生活水準を下げること。

途上国に住んで生活水準を下げる方法は有効で、まさにノマドというわけです。
高度な技能で勝負するのは王道ですが、競争は激しくなります。デザイナーなどは相当に厳しくなってくると重います。

エンジニアは世界中で売り手市場なので、ビットコイン系のエンジニアなどは好きな場所にすみつつ、シリコンバレーの会社に雇われたりと、わりあい自由です。

ふたつ目は、より高度な技能で勝負すること。

エンジニアといっても、シリコンバレー系の会社に雇われようとすると高度な技能が求められまして、言われたとおりにウェブが作れる、プログラミングできる程度では難しいです。またいわゆる業務システムむけのSEやプログラマも難しいでしょう。

シリコンバレー系はノマドで雇用されますが、日本の会社だと高度になればなるほどややこしいことが発生して、対面とか、常駐とかになってしまい、ノマドと反比例します。

ですので、いかにシリコンバレー系にやとわれる能力があるかみたいな話になってきそうな気がします。

3つめは…(続きはノマド研にて)

【ノマドの必須アイテム】ビットコインデビットカード

最後に、ノマド必須アイテムとして、ビットコインのデビットカードを紹介します。最近ビットコインでちょこっと稼げるサービスがいくつか出てきています。先日はkataribe.comで、ビットコイン関係の記事を書くと、500円分くらいのビットコインが貰えました。

ほかにも既にアフィリエイトとかやっているひとがいるとおもうんですが、アフィリエイトで、数千円とか入ってきたとして、これを海外で使うのは超面倒。

数千円のものを日本の銀行に出金して、それを海外に送金して・・というのはめんどくさすぎ。&手数料でなくなっちゃいます。しかし、ビットコインでアフィリエイト報酬などをもらうと超便利です。

ビットコインデビットカードを使うと、そのビットコインがそのままVISAデビットとして消費できるので、どこでも使えます。

一昨日、カタリベに記事を書いたところ、報酬として、総額0.35 BTC=140ドルくらいを貰いました。さっそくこれをつかって(続きはノマド研にて)

【まとめ】高度化するノマドワーキング

おそらく、ノマドワーキングはかなりのスピードで高度化していきます。何が高度化するかというと、求められるスキルです。外注できるような業務はもともとコモディティ化しやすいので、食っていく(単価を上げたりスピードを上げたり)にはそれ相応までスキルを高める必要がでてくるでしょう。

エンジニアやデザイナー職でノマドワークを目指す人は、かなりの競争にさらされる覚悟がいるかもしれません(続きはノマド研にて)

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内

ノマド研究所活動レポート(2016/03/07)認知容易性/赤野征仁と認知容易性/認知スピードが上がる要因

さて、今週もカーネマンの続きを学んでいきましょう。人が合理的な判断を下さない理由が見えてきます。(続きはノマド研にて)

【カーネマン 05】認知容易性
認知容易性とは、システム1に組み込まれた驚くべき仕組みです。
システム1(早い思考)は、認知がし易いものに対して、好意を抱くようなのです。
ノマド研では、私の新しいペンネームを皆さんにつけてもらう実験をしてみました。

わたしが小説を書くとして、そのときのペンネームを皆さんに投票してもらう。
ルールは「小説家にふさわしい」といった基準を大事にすること。
さて、どれがいいでしょうか?

詳しい解説は投票結果とともに(続きはノマド研にて)

【カーネマン 06】赤野征仁と認知容易性
投票の結果は、時鳥コウジロウと、赤野征仁が人気でした。他には「あんちゅう」「丸太狩也」といった名前を考えました。

これと、脳の認知の仕組みを加えて、もうすこし議論していきます。
この投票をするのに、システム1で考えた人と、いや、システム1は注意しろというのだから、システム2を動員して・・引っかけ問題だろう?と考えた人がいるとおもいます。

さて、では仕組みを解説します。

●まず、あんちゅうを選んだひとは、あんというのが、なんとなく、あんことか、アンパンとかを連想させます。あんという響きは、よく聞き慣れている。
システム1は、そうすると1/100秒くらいかもしれませんが、脳の記憶領域にすでにある単語のほうが素早く認知することができます。
ちゅうも、ブロガーのはあちゅうとかの「ちゅう」なので、認知が早くなります。
認知がし易いというのは脳にとって楽をできるということなのです。

●赤野征仁は、芸能人の名前の感じをとりました。赤西仁と、小澤悦征というひとから取りました。これらの人からバラバラに文字をとっただけですが、どうやら、これらの芸能人に親しみを持っている人にとっては、例えば「征」という文字の認識スピードがあがるわけです。

100文字のランダムな漢字があってその中に、「征」がまざっていると、目についたりするわけです。

それから、(続きはノマド研にて)

【カーネマン 07】認知スピードが上がる要因
認知スピードがあがる要因は、実はどのようなことでもオッケーです。

・過去のその単語や文字を見ている
(なんと、繰り返しでなく1度見ただけでもシナプスは強化されるらしい)
・他の記憶と連想が結びつきやすい
 例えば、海という単語は、楽しい記憶と結びつきがつきやすく、認知が容易です。
・明るい色、大きい文字、簡単な言葉
 これも認知を容易にします。

このような認知が容易なものが頭に入ってくると、システム2は警戒をせず、スイッチが入りません。システム1の認知の段階でここちよく満たされるので、システム2を動員する必要が無いのです。ですから、こういう場合、システム1だけで判断するということになる傾向があるそうです。

前回記事のバットとボールの問題を、つぎの2つの方法でといてもらったそうです。

あるグループには、大きなみやすい文字で問題文を書く、
あるグループには、かすれて見づらく小さい時で問題文を書く、

すると、正答率に顕著な違いがあったそうです(続きはノマド研にて)

【まとめ】認知のしやすさと思考システム
以上を踏まえると、認知容易性の高い刺激を提供すると、システム2は作動しにくいということになります。通販など、衝動買いを狙っている商売に使われていそうですね。

普段の暮らしの中で、システム1とシステム2を意識していると、お、これはシステム2がおこらないように工夫されているな、といったことが見えてくると思います(続きはノマド研にて)

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内