ノマド研究所活動レポート(2017/3/3) ヤバイ予約サービス/生産性より優先するもの

2017年に入って、久しぶりの更新です。目新しい出来事としては、会社を設立しました。近頃は完全にノマド化した自信ができてきたので、書き溜めていたノマド日記を少しづつ配信してこうと思います(続きはノマド研究にて)

【ノマド日記】ヤバイ予約サービス
先日、台湾を経由して日本に戻る際に散々な目にありましたので、シェアしておきます。

ベトナムの空港から、飛行機の乗ろうと思ったところ、なんと予約が入ってない。そんなバカなとおもって確認したのですが、航空会社のほうでは確認できないとのこと。今日中に台湾まで行かないといけないに、どういうこっちゃということで、焦りました。

もしかして、予約のエージェントが悪いのでは?とおもい、そちらに確認。初めて使うkiwi.comとかいうウェブサイトで予約したのですが、これが怪しかったです。

コールセンターに問い合わせてみたところ、なんと予約はキャンセルされていた。途中で料金が変わったから、ブッキングせずに、返金したのだとか。

つまり、航空券の値段があがって、表示どおりにブッキング出来なかったから、取らずに、キャンセルして返金したということ。

ひどすぎる。そして、このキャンセルした事実をまったく連絡をよこさないのです。なぜメールで連絡しないのかと、問い詰めたところSMSで送ったと言い張ります(たぶんSMSも送ってないが事実)。

完全にやられました。Skyscannerの料金で出てきたブッキングサイトなんですが、ほんとにやられました。今後は、LCCは面倒でも、航空会社のサイトで取ることにしようと思った次第。

みなさんもお気をつけてください。kiwi.comです。(続きはノマド研究にて)

【ノマド日記】生産性
最近ですが、生産性を徹底的に上げることに再び取り組んでいます。

子供がまた大きくなってきて、時間もかかるようになり、いままでは仕事と趣味が100%だったのにくわえて、30%増しくらいで家庭のマターが増えてきた実感があります。

単純に合計すると140%になってしまうわけですが、これだと、どうでしょう、まったく家庭のことはできないということになってしまいます。

つまり、時間を捻出するためには生産性を30%くらいあげる必要性があるということなのですね。そうでないと、辻褄があいません。

子供ができたので生産性をあげようとおもう人がどれだけいるのかわかりませんが、これは良い機会なのだとおもいます。

徹底的に、合理化と、集中分野を決めて、無駄なことは一切しないということが大事になるなとおもっています。

たとえば、先日は、表参道にMTGにいったのですが、一日2件ほどよていがあると、だいたい少なく見積もって移動時間が二時間ほどあります。

毎日2時間も移動だけしているというのは、なんたる非効率だと思うわけです。日本滞在中はどうやってこの移動時間を減らせるが、(続きはノマド研究にて)

【ノマド日記】取材
昨日の移動が大変という話ですが、会員から取材の移動で半日潰れる話がでてました。わたしの場合、おもに取材される側ですが、リモートで取材されることがおおいです。

その場合、写真撮影があると難しそうなのですが、写真は私のほうで撮って送ったという事例が過去に2件あります。これだとベトナムでも取材を受けられるので便利です。

取材を受ける側からいうと、リモートで受けられるのは実は助かります。

・しょっちゅう移動している人もいるので、実は取材はスキマ時間とかに受けたい

・喫茶店などでもOKだが、写真撮影があるとオフィスに戻らないといけない or オフィスなどをがない場合、わざわざ場所をかりたり、シェアオフィスの会議室を手配したり手間がめんどくさすぎる

・地方、遠方だったり、海外在住なのでとくに最後は困っています。海外在住とわかると、取材しないひとが多いのです。

取材される側、する側、双方のニーズが合致しているように思えるのですがうまくいかない不可思議。なぜなのでしょうか?ご意見あれば(続きはノマド研究にて)


【まとめ】生産性より優先するもの

近頃は生産性を徹底的に追及しているのですが、お仕事をしているとそうでない人と出会うことがあります。

双方にとって簡単であろう手段を提示しても(取材の件のように)断られたり。会社員は固定給だからなのか、普段のやり方をくずすのに無意識に抵抗してる感じがします。

生産性の概念が無い人は、思ったよりも多そうです(続きはノマド研究にて)

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内