ノマド研究所活動レポート(2016/10/24)子供のころの経験は大人になった時にどう影響するのか?/何が人生の成功に最も大事なスキルか?/失敗する子しない子/幼児期の環境は超重要

さて今回からは子育てをテーマに勉強シリーズを再開します。海外と日本を行き来しつつの子育てはあまり事例を知りませんから、勉強しつつ実践といった感じです。いろいろな意見を頂戴したいテーマです(続きはノマド研にて)

【子育てシリーズ01】子供のころの経験は大人になった時にどう影響するのか?「子供のころの経験は大人になった時にどう影響するのか?」というのは、最大の謎であり、もっとも興味深いテーマだと思います。

私も昨年子供がうまれまして、現在9ヶ月。海外で子育てしていることもあり、与えられた環境というより、どのような環境に子供を置くべきかということについては、主体的に考えています。

子供のころの経験によって、人生の成功が左右されるなら・・・とおもうと、はっきりいって「それはすごい」とおもう反面、親としては「怖いな」とおもうわけです。

現在は、かなりの知育ブームだったりします。小さいころの教育がIQを伸ばすために重要というデータはおよそはっきりしていて、しかもはやければやはいほど良いそうです。

そのためむしろ就学前の教育がもっとも投資対効果がよいという話もあったり。

現在の世の中は、IQによって分断されているともいえます。ザッカーバーグなどの天才と、普通の庶民では、かつて無いほどの分断がおきていて、AIの出現などによりどんどん普通の仕事が機会に奪われる未来を想定すると、子どもたちが大人になる20年後というのは、IQな仕事につけないと、アッパークラスとしては行きていけないわけです。

IQによる階層の分断が起きている。今後それが加速するというのが身もふたもない現実です。そして、橘玲は、「言ってはいけない」という本のなかで、(続きはノマド研にて)


【子育てシリーズ02】何が人生の成功に最も大事なスキルか?
最初に取り上げるテーマは、何が人生の成功に最も大事なスキルか?というズバリのテーマです。

これについて書かれた本「成功する子-失敗する子-―-何が「その後の人生」を決めるのか-ポール・タフ-」を読み解きながら、進めていきたいと思います。

まずは、まえがきから。この本の趣旨は、簡単にいうとこういうことらしいです。IQのようなものより、実は非IQのスキルのほうが、人生の成功には直結していると。

現在のIQ至上主義の論調を否定し、なにやら希望がもてそうな内容です。ということで、まずはこの本の内容を紹介しながら議論していきます。

人間のスキルには2つあるといっています。認知スキルと、非認知スキル。

認知スキルというのは・・

知能検査で測定できるたぐいのもの、言葉や文字の認識、計算能力、共通のパターンを見抜く力

まさにいわゆる知力とか、IQとかというものです。これを伸ばすには、沢山訓練することで伸びそうで、さらに最近は可能な限り早くから行うことが有効ということがわかってきました。

非認知スキルというのは・・・

粘り強さ、自制心、好奇心、誠実さ、ものごとをやりぬく力、自信

というもので、いままであまり注目されてこなかったもの。というか「性格」だとおもわれていて、これが訓練できたり伸ばせるとは思っていなかったのかもしれません。

どうも、この本の結論は、2つあります。

・認知スキルよりも、非認知スキルのほうがより人生の成功に大きく関わっている
・非認知スキルは、適切な方法で鍛えることができる

(続きはノマド研にて)


【子育てシリーズ03】失敗する子しない子
最初の章では、問題行動を起こす子供がなぜそうなるのかを、生理学的に分析したものを紹介しています。

問題行動というのは、まあ学級崩壊しているような学校での子供の行動ですね。授業中にわめいたり、教師を殴ったり、机に座っていられなかったり、暴力や、癇癪をおこしたり、といったものです。

どうやら、これが、子供の頃の家庭の環境に起因しているといいます。もっと具体的にいうと、貧困からくる家庭環境のまずさにある。更にいうと、1歳までに母親が子供に愛着をもって接するかどうかで、決まるようです。

「幼児期の逆境によるストレスが、発達段階の脳にダメージをあたえる」のだという。

これにはぶったまげました。トラウマとか精神的なものではなく、(続きはノマド研にて)


【まとめ】幼児期の環境は超重要
いまの世の中はIQで分断されているように見えつつも、本に紹介されている研究結果は異なっていて、もうちょっと込み入った研究がひつようそうです。いまのところよくわかっているのは、幼児期の環境、特に「ストレス」がめちゃめちゃ影響を与えること。日本と海外とではえらく環境が違いますから、ちょっと怖くもありますね。

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内