電源ミックスの決定は市場経済で

電力として、原発が良いのか、太陽光がいいのか、火力がいいのか、そういう議論をしていても何時までたっても結論はでないだろう。市場による決定ではないからだ。

電力会社は地域独占であり、そのなかで電源ミックスについてかたっていても結論はでない。

地域独占ではなく、原子力電力、太陽光、火力がそれぞれ地域で競うのがいい。

それによって、ユーザーの真意がわかるわけであるから、そういった競争をベースに、自然と最適な電源ミックスというのは決まるのだろう。

どの電源がいいかというのは、倫理や論理で上から考えても決まらない。

競争の元に、市場経済に判断させるべきである。イデオロギーによる議論は意味をなさなくなるだろう。

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内