お上に決めてもらえないと自分の施設の入浴ルールすら変えられない温泉組合

入れ墨お断り、見直す動き 外国人増え「隠せばOK」も

という記事があっった。要するに外国人観光客が増えて、ファッションやカジュアルや宗教的な意味合いでタトゥーをいれている人が、温泉に入れないという問題がでてきているようだ。

施設にとっては、外国人観光客は、頼みの綱なわけで、配慮しないわけにもいかない。それが難しい問題だという論旨である。

その中で、温泉旅館組合の事務局長の話が引用されてていた

河口湖温泉旅館協同組合の功刀(くぬぎ)忠臣事務局長は「タトゥーを認めなければ時代に追いつかないが、クレームもある。行政がルールを示して欲しい」。

とある。しかし、この事務局長はなぜ判断能力がないのだろうか?

子供ではないのだから、お上に決めてもらえないと自分の施設の入浴ルールすら変えられないのだろうか?それとも、責任回避したいから、いいわけが欲しくて自分で判断なんてしたくないという逃げだろうか?

にわかには信じがたいが、日本のルールというのはこうして決まっているのだろう。思考停止するひとが、周りに合わせて自主規制することで、責任を回避し、世界的にも奇妙な、全国一律のマナーができあがるのだろう。あまりに、ウンコみたいな話の典型である。

ところで、昔は刺青はヤクザのものだったから、要するにヤクザの入浴禁止というのが趣旨なはずだ。あなたはヤクザですか、ってきくのもあれだから、刺青禁止としたのだろう。

だったらばタトゥーがどうかといったことはどうでもいいはずだ。入り口に「ヤクザのかたは入場できません」とかけば良いのであって、タトゥーのかたは入浴と書く必要はない。

目的とずれてしまったルールであっても直せない。しかも、自分で判断すればいいのに、お上のご指導がないと、それすら自分で判断できない脳みそのひとが協同組合の事務局長をシテイルのだから、本当に日本の温泉は終了が近いだろう。

タトゥーを認めなければ時代に追いつかない、とかいてあるが、追いつかなくていい。市場から消えて、淘汰が進むことを期待する。

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内