ノマド研究所活動レポート(2015/11/2) フルメニューの重要性/佐賀県にタイ人観光客が急増/ターゲットを絞る

ハロウィンが終わり11月になりました。私の住むホイアンは・・・雨季に突入。雨季でも観光客を集める秘策をかんがています。今回も引き続き、インバウンド観光論について。観光ポテンシャルのとても高い日本はどのようにアピールしたらよいのでしょうか。佐賀県に面白い事例がありました。(続きはノマド研にて)

【インバウンド観光論11】フルメニューの重要性
アトキンソン氏は、フルメニューの重要性を説いています。
これは観光論のなかで、いちばん目から鱗でした。

例えば気候がいいだけでは観光客はやってこず気候や自然、さらに文化や食事がある国に観光客は行きたがる。つまり単品ではなく掛け算。フルメニューが大事だということです。どれか1つだけの強みを押し出すのではなく、これも、あれもできるという「も」が大事だということ。

観光大国はリピーターが多いことで知られますが、たしかにフランスで(続きはノマド研にて)

【佐賀県がタイ人向けウエディングフォトで人気】
最近、佐賀県を訪れるタイ人が急増していて、なんと前年の4倍だそうだ。フォトウエディングが人気らしく、キッカケはドラマロケだとのこと。タイでヒットしている「Stay」というドラマのロケ地が佐賀県だったのだ。

アニメ映画とかの舞台を巡礼するやつと似た感覚だろう。佐賀県はロケ地巡りのモデルコースまで用意して、タイ人を誘致している。こんな風に(続きはノマド研にて)

【ターゲットを絞る】
佐賀県のように、ターゲットを絞るという作戦はいいかもしれません。例えば日本は山が多いですが、長野県なんかは山とそばをスイスあたりにアピールしてみるとか。人口を考えると中国やインドがいいですね。

みなさんの住んでいる地域は、どんな人たちをターゲットにできそうでしょうか?(続きはノマド研にて)

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内