不幸の投稿に「いいね!」は正しい

facbookで、いいね以外のボタンができるようだ。

多様な反応を示すことができるような、ボタンを検討しているという。
 
どのようなボタンができるかはわからないが、噂では、ようするに、「良くないね」ができるかもしれないということだ。

よくある批判は、葬式や、不幸なことの投稿に対して、
だれかが、いいねをすると、
それは、反対の意味に捉えられてしまうということのようだ。
不幸の投稿に、いいねはおかしいという意見が大半だ。

では、かといって、葬式の投稿に「良くないね」とやるのだろうか。

 たしかに日本語の良くないねは、ご不幸を察します、のニュアンスが多少は、入っているものの、

 英語の翻訳で言うと、 いいね= Like なので、 よくないね= Dislike である。

 意味としては、良くないねというよりは、

 ひどいね、とか、気に入らないとか、死ねとか、糞とかにちかい。

指を下に向けて、要するに「ブーイング」を示すものだ。

不幸や、葬式の投稿に、

「糞」
「気に入らねーな」
「ブーーーーーー」

とかやったら、それこそ友人を失うに違いない。

文化の差異で間違った使い方が定着してしまうと
日本人は、他人の不幸にブーイングする連中とおもわれたり、
海外の人の不幸の投稿に、ブーイングして、友人を失うことになるかもしれない。

そもそも、葬式とか、不幸の話は、フェイスブックには投稿しないほうがいいのではないか?

それでもく投稿する人は、大概は、悲しい気持ち一辺倒の投稿ではなく、
悲しみを乗り越えて、元気に行くよって感じだろう。

共感がほしいとか、辛さを共有したいという意図なのだから、
そういう意味では、その人の人生の姿勢に共感するということで、

like という肯定的なメッセージでいいのではないだろうか?

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内