ご祝儀3万円は、マナーではなく、業界の陰謀

クソくだらないマナーに、結婚式のご祝儀は3万円というのがある。2万円だったら友人を疑うとか、1万円だったら縁をきれとか、そんなやりとりが、発言小町を賑わせ続けている。

みんなマナーだとおもっているが、全部、業界の都合で作ったものでしかない。ブライダル業界が取りたい額にあわせて、ゼクシィが書いているだけだ。

結婚式の客単価は、ゼクシィによれば5万1000円である。ご祝儀の3万円にプラスして自己負担2万円を加えて、5万円という計算だ。

こんなのを真にうけちゃって、3万円がマナーの問題だとかに勘違いしてくれてるんだから、なんて騙しやすい国民なんだろう。

結婚式は、手ぶらで行った方がいい。

そういう人が増えたら、業界潰れるから。ああいう業界はいったん潰れた方がいい。

単に、本人が負担できる客単価(2万円)以内に収まるようになるだろう。

ちなみに、私は、冠婚葬祭は手ぶら主義。まあそう公言してるから、最近は、だれも招待してこないけど。

結婚式貧乏みたいなのがあるが、ああいうのは嫌なのに3万円を払い続けるお人好しだから、搾取される。それでも世間の手前とか、そういう生ぬるいこといってるから、そういう記の弱いやつがいつも搾取され続ける。

私みたいに、手ぶらで行けば、そういう噂がたつので、2度と招待されない。そういうのを気にしない、気楽で、シンプルな関係を築ける友人だけが残る。まさにこれが、ダーウィンのいう淘汰圧というやつで、自然の法則とは良く出来ているものだ。

話は脱線したが、ようするに、ご祝儀3万円なんてものは、業界の都合をゼクシィが宣伝しているだけだ。ゼクシィの威力を感じるが、真に受ける必要はない。

なお、以前こういう記事も書きましたので、合わせてお読みください

デフレの時代に、結婚式の単価はなぜ上がり続けるのか?つながり婚を流行らせたい本当の理由

 

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内