たかり大国ニッポン。日本の搾取構造の真実

日本の搾取構造は、資本家が労働者を食うのではない。

地方が都市に集り、老人が若者(に加えて生まれてない将来世代)に集り、加えて、正社員が非正規労働に集っている。

集り大国が日本である。

こう書くと、対立を煽るなとか、言われるが、そういう綺麗事はもう忘れよう。

お前らちょっと取り過ぎだから、公平な制度にしませんか?という提案をすると、

「お前のせいで俺が食えなくなったら刺し違えるからな」くらいの勢いで脅してくるのは既得権側である。少しでも生活が脅かされようものなから、本気で恫喝してくる。本気だ。

官僚機構にメスを入れようものなら、あらゆる法律を駆使して微罪・別件逮捕しに来るくらいだから、既得権側は人に罪をなすりつけたり、邪魔な人が死ぬくらい、まったく平気であって、彼らは本気で戦争をしている自覚がある。気づいた方がいい。

一方、搾取される方は、「対立を煽るな」とかいわれると、すぐ引き下がってしまい、既得権のプロパガンダに騙される。老人に優しい国家とか、正社員の雇用を守ろうとか。なんと簡単なことか。ちなみに、私が嫌いな言葉は「絆」だ。

そしてとばっちりを食らっているのが、国の保護を受けずにまじめに真面目に国際競争を戦ってきた企業である。製造業しかり、ベンチャー経営者しかり。自らイノベーションを起こしてきた人々。そういう人が、儲かってしまうと、ここぞとばかりに国税庁がやってくる。全部よこしなさいと。調達した税金は、老人と地方と公務員に配る。

最近は、ピケティを引き出して猛烈に食いかかってくる。ちょっとでも反発しようものなら、ピケティ様のご威光の前に村八分である。

ジム・ロジャーズの伝記に、末期のソ連の話がある。そこでは、少年たちはパンでサッカーをしていた。サッカーボールは手に入らないが、パンなら国からタダでもらえるからだ。

日本のなにかおかしな所は、まるでソ連末期のようなおかしさと同じタイプのおかしさを感じる。

そういう仕組みは例外なく崩壊する。それが歴史が証明してきたことだ。

私はリバタリアンだ。上記のクソみたいな仕組みを根本から変えるために、ビットコインをやっている。私が実現したいのは、フェアな社会である。

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内