日本で一番おくれているのはオンラインMTG環境ではないかと思う

日本で一番おくれているのはオンラインMTG環境ではないかと思う。これは海外に住んでいて痛感する。

物理的にお互いが遠い米国内や、多国間でプロジェクトをやっているヨーロッパなんかは、MTGといえばかなりの部分がオンラインだ。

しかし、日本だと、とにかく会いましょうということになる。会ってのMTGの重要性は私は知っているが、といってもオンラインのオプションが無いことに不満だ。会うの一択しかないからだ。

いま海外だし、オンライン会議でよろしくっていうと、設備がないとか、わからないとか、そういうことになる。

ぜひ参加したいのでオンラインでお願いしますと返事して、いやオンラインなら頼まないっていわれたことが10以上にも達している。

正直、これは、本当に遅れているとおもう。

オンラインの効率の良さは計り知れない。

東京の場合、片道40分くらいは移動の範囲としてOKで、往復すると80分。待ち時時間とかもいれて、90-120分くらいが移動で必要になる。そして、MTGは1時間なので、S/N比は2倍にも達することがある。本当にバカバカしい。

本当はすべてのMTGをオンラインにしたいが、オンラインでと言うと断ってくる人が居るのでマジで困る。

オンラインでのやり方を丁寧にレクチャーして、機材も提供するというのに、それでもいやだというひともいる。もうそういう人は無視するしか無い。

極めて快適なオンラインMTG環境にするのに、投資は1万円程度ですむし、PCリテラシーだってほとんどいらない。

広角カメラとスピーカーフォンと、google hangoutの使い方を覚えるだけだ。なぜそれができないのかというと、私には全く理由がわからない。本当に理解がしがたいのだが、だれか教えてくれないだろうか。

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内