異物混入くらいでグダグダいうめんどくさい国民は無視した方がいい

タイトルそのまんまなんですが。

最近異物混入の話しで盛り上がっていますが、いくつか意見を言います。

そもそも、異物混入を100%を防止するというのは無理でしょう。ただ、出来る限り100%に近づけるという努力は必要です。

不良品は0にはできませんが、その努力を怠っていはいけませんが。

その上で、異物が混入したとしましょう。

ビニールとか、スポンジとか、髪の毛1本とか。

こういうのは健康被害がありません。単になんかへんなのが入っていただけの話。農薬が入ってました、水銀が入ってましたなんてのとはぜんぜん違う。

これで大きく取り上げられて、企業がバッシングされるのは異常事態です。マスコミが助長しすぎ。

本来こういう、健康被害のない異物混入は、商品の交換で十分です。これで全製品を回収したり、会社が潰れかけるなどというのは異常です。

健康被害が発生することもないのだから、何も保証する必要はなく、商品を交換して済むという常識を定着させたほうがいいでしょう。

虫なんかも、気持ち悪いかもしれないけど、虫を食ったくらいで何も起きませんよ。不快になったから、俺の気持ちをなんとかしろという気持はわかるけど、それはその商品を二度と買わなければいいだけで、他の消費者を巻き添えにする必要はないでしょう。

その個別の商品だけを回収して交換すればよく、全部を回収する必要なんか無い。

こういうと、「世界一厳しい、消費者のもとに、厳しい管理がもとめられる日本でこそ、よい企業ができる」 といった国粋な意見がでてきます。

度をこえたらコストが上がるだけです。

虫や髪の毛が入っているだけで会社が潰れかけて、経営責任と取らされる。つまり株主から訴訟をくらい可能性だってあるわけで。

そんなに恐ろしい事態が想定されるとき、社長を誰がやろうとおもいますか?普通のひとだったら、引き受けませんよ。私だって嫌です。

いや、それでも食品を預かるものとして、完璧な衛生管理ができなければ責任取れみたいな話もあるし、此処は日本だから、アメリカとか中国とは違うんだって話もある。

ここは日本だ、厳しいぜ、っていうのはわかるけど、

それで社長になる人が過大なリスクを背負ったり、コストが嵩んで採算があわなければ、もともこもないでしょう、維持できなくなりますよ。

どこかのブログに、KFCが本社の意向を頑なに拒否して国産の鶏にこだわり続けた(美談)、いっぽうマクドナルドは安易に外国産をつかった。

これが明暗、マクドナルドの社長が外国人になって日本のことがわからないみたいな批判が繰り返されるけどさ、べつに日本で成功するひつようなんてないわけ。

そんなめんどくさい消費者がいて、採算が合わずに、リスクも高くて、しかも市場がシュリンクしてて過当競争な日本みたいなところは、

「撤退」

すりゃいいんだよ。グローバル経営してるんだからさ。儲からくて、めんどくさい市場は撤退するほうがグローバルな会社としては儲かるんだよ。日本で成功する必要なんてないわけ。

macこちら世界のマクドナルドの店舗数。2010だからデータふるいけど。傾向としてね。(ソース:http://www.world401.com/data_yougo/mcdonalds.html

日本の店舗比率は12%だけど、経営者なら、その横の「店舗増加余地」って数字に注目するよね。それで、CEOは、日本だけじゃなくて、こういう世界全部の表を使って経営判断してるわけだから。

要するに、資源再配分。儲からないところから撤退して、儲かるところに投資する。資本は限られているから、どこに振り向けるかが大事ってこと。

ま日本マクドナルドは、単体で日本で上場してるから、単純にそういうことにはならないのは知ってるけどね。

もうそういうことなわけ。グローバル単位で、めんどくさい、もうからない国は撤退ってこと。そういう経営判断がなされるよ。

シティバンクも日本から撤退しちゃうしね。

ではまた。

 #なおシティバンクが撤退するのはリテール部門です。法人部門は残ります。

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内