AKBやモー娘以前のアイドル歌謡の名盤をあげてくれといわれて

AKBやモー娘以前のアイドル歌謡の名盤をあげてくれといわれてかんがえているけれども
おそらくぱっと思いつくものはこれだろう。

90年台、おニャン子クラブと、モー娘。AKBの間にはさまれたアイドル冬の時代と呼ばれた時だ。

START
START
posted with amazlet at 14.07.06
南青山少女歌劇団
ファンハウス (1992-12-02)
売り上げランキング: 358,005

・南青山少女歌劇団「START」

少女歌劇団とあるように、歌手やアイドルではなく、あくまでミュージカルの公演が中心だったが、客席はアイドルファンが多数を占めていた。

曲は、爽快、痛快で、拳を思わず振り上げたくなる。100回きいてもエナジーが湧いてくる。「Ready Go Steady Go」や、「夢を信じて」などの、軽快なミュージカルナンバーは、いつの日か再演されることを願うばかりだ。輝きは色あせていない。

LUCKY POINT
LUCKY POINT
posted with amazlet at 14.07.06
ribbon
ポニーキャニオン (1990-05-30)
売り上げランキング: 276,153
アイドル・ミラクルバイブルシリーズ Qlair Archives
Qlair 山川恵津子 門倉聡 西尾佐栄子 芹沢類 渡辺なつみ 木村麗子 工藤順子 椎名可憐 只野菜摘 川村真澄
Sony Music Direct (2005-11-30)
売り上げランキング: 118,108

 ・Qliar いま聞いてみても、そのサウンドに引き込まれる。切なさと、青春の香と、どこまでも突き抜けるような爽やかなサウンドは、あらゆる人の心を癒やすだろう。名曲揃いなので、あえて、これというのではなく、全曲集を推薦した。温故知新の価値がある。

「さよならのチャイム」は永遠の卒業ソングとして見直される価値があるし、「眩しくて」の爽やかさは清涼飲料水のようにべたついた汗を拭ってくれるだろう。「秋の貝殻」における3人のハーモニーはとりわけ美しく、「お引っ越し」にいたっては、海から突き抜ける夏の風を感じる。そして「約束」はアイドルソングの永遠のモニュメントだ。

雪解け
雪解け
posted with amazlet at 14.07.06
酒井美紀
ビクターエンタテインメント (1994-02-23)
売り上げランキング: 389,544

・酒井美紀「雪解け」 知られざる名盤だが、ありえないほどの出来だ。限りなく純粋でピュアであり、自転車をこぐ通学路、学園校舎の靴箱の音、そっと忍び込ませたラブレターの匂いが頭をよぎり、途方もなくノスタルジックな楽曲の数々に、一度その琴線にふれてしまえば、せつなさに打ちひしがれ、同様を隠せなくなるだろう。及川眠子、木戸やすひろといったプロの真剣勝負が見られる楽曲は、いずれも名曲だが、冒頭の「雪解け」を聞くだけでも勝ちがあり、個人的に好きな「春一番のさくらの木」は、時代をタイムスリップして、アニメ版「時をかける少女」のシーンがなんどもよぎるような名曲だ。セミの音と、踏切の音が、永遠と貴方の頭から鳴り終えないだろう。

Starting Over
Starting Over
posted with amazlet at 14.07.06
SPEED
トイズファクトリー (1997-05-21)
売り上げランキング: 36,826

・SPEED Starting Over  おそらく、すでに全員ご存知だと思うが、あえて書いておく。アイドルポップスの金字塔であり、完成度の高さ、楽曲の素晴らしさにおいて、右に出るものはない。お台場の特設会場でおこなわれたファーストライブは夏の伝説となった。当時小学校6年生だった島袋寛子の年齢をめぐっては、さまざまな議論があったが、このあとにそのことを口にだす人はいなくなった。そもそもアイドルではないのではないかという議論もあったが、カテゴリを破った。

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内