ドレスコード破りは敢えてやらないと効果が無い~常識はずれと個性についてのハーバードビジネススクールの調査

WSJの「ドレスコードに反すれば一目置かれる?」記事は面白かった。

たとえばそれなりの恰好が求められる場で、ひとりだけ浮いたような恰好をしている場合、どのように捉えられるのか?。

常識をしらない場違いなバカと見るか、個性的な人物とポジティブに評価するか?

ハーバードビジネススクールの調査によれば、

ミラノの高級店に、みなりのよいふさわしい恰好で入る人と、ジャージのような相応しくない恰好で現れる人、どちらのほうがカネをもっているかを評価してもらった。

街ゆく人は、身なりのよいひとのほうがカネがあるとしたが、高級店の店員の視点は逆だった。

「ジムに行く格好をした客はそれ以上着飾る必要がないほど自信がある」 というのだ。

他の調査でも、「学生たちはネクタイを締めきれいにひげをそった教授よりも、Tシャツを着て偽のひげをつけた教授をより尊敬した」という。

これは、他人と違う行動や、他人と違う恰好をしているひとのほうが、クールだ、という見方を示している。米国においては、個性的な人のほうがカッコイイ、そういう傾向が強いのは確かだろう。

ただ、この調査では、次のようにも言っている。

「フォーマルなイベントで間違って黒ではなく赤い蝶ネクタイをつけるなど、ある人がたまたま他の人たちと違っているとみなされる場合には、その人に対するポジティブな感じ方が失われた。」

つまり、個性的であろうとすることが、単に、場違い、間違っている、常識はずれ、とみなされる場合もあるということだ。この場合、ネガティブな印象をあたえる。

その違いはなにか?常識はずれな行為が、ポジティブにとらえられる条件はなんだろうか?

「ある人物が大物だと考えるためには、その人が積極的に人と異なる行動をとっていると理解することが必要だ」

と記事では結論している。

つまり「常識を理解していて、それでも敢えてやっている」「常識はずれを行うなんらかの理由がある」といったことが相手につたわるということだ。

ホリエモンのTシャツ姿にしても、スティーブ・ジョブズのジーンズ姿にしても、敢えてやっているのがわかる。それがある種のトレードマークまで昇華されている。

ホリエモンも、世の中の常識をしらないからTシャツをきているのではない。外見より中身だ、というポリシーの体現として、あえてあえてTシャツをきて自分の思想を体現した。ジョブスもそうだろう。時代をかえるアイデアはスーツ姿のMBAのなかからではなく、ガレージから生まれる。だからジーンズを履いているのだ。それがつたわるから「クール」だと称される。

単なる常識はずれと思われないために、人と違ったことをする場合は、敢えてやっていることを示すこと。自信をもってやること。やる意図をハッキリさせること。これが大事だ。そうであれば個性的で、自分の考えがある人物であると尊敬されるが、そうでなければ、単なる常識を知らないバカになってしまう。

周りをみていても、常識やマナーをしらず、傍若無人に振るまうのに、それが個性だと思っている困ったちゃんが存在する。残念である。一方で、絶対に他人と違うことをしないよう、ひたすら周りの顔色を伺って目立たないようにする奴もいる。

前者は「空気が全く読めないやつ」、後者は「ひたすら空気を読む奴」

両方、残念に見える。

尊敬されるのは、

「空気は読めているのに、敢えて空気を読まない振る舞いをするやつ」

だということ。

服装にしても、ビジネスにしても、芸術にしても、常識や基本やルールしっていて、あえてそこから崩したり、あえて突飛なものを作るのはよいが、そもそも基本ができてないと、ぐだぐだになる。

基本や常識と、個性の関係について、とても腑に落ちた気がする。

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内