10年後のシゴトのカタチ、10のヒント 

10年後のシゴトのカタチ、10のヒント が発売になりました。

今回の本は、元アップルの松井博さんとの共著です。 お互いに、ツイッターでフォローし合っていて、考え方やアプローチが似ていることもあり、意気投合しておりました。松井さんの帰国日程にあわせて、二人でセミナーを開催。100名の会場が1日でうまってしまいました。 キャンセル待ちもでるようななか、好評だった講演をもとに、書き下ろしたのが本書になります。

昨年度は、日本人の働き方について、かつてないほど様々な意見が交換された年でした。ノマドに始まり、グローバルマッチョまで。しかし、多くが、まだ未来の話だとか、空論だとかそういう指摘をうけたのも事実です。 言論というのはすこし先をいってしまうもの。2014年は時代が追いついてきて、だんだんと、その現実味がましてくる1年になっていくとおもいます。

本書では、やさしいノリで、シリコンバレーと、アジアの新興国で起っていることを、そのまま伝えるという体裁をとりました。私達の意図は、なにかグローバル煽りをすることや、こうしないと死ぬみたいなことを言いたいわけではなく、みなさんがこれからの10年を働くために、どうしたらいいのか、基礎となる知識や、判断の材料を提供することです。 そして、みなさんそれぞれが、自分の考えを元に、自分の道をあるいていっていただければいいとおもいます。10年後のシゴトのカタチというタイトルですが、このシゴトが良い悪いではなく、みなさんが主体的に、自分の考えで働き方を選んでいくことができるように、そういう人材になってほしいという思いを込めています。

自分で判断して歩めるひとは、時代がどうなろうが、きっと大丈夫です。そのためのヒントを書いたつもりです。

ぜひ、kindle ストアからお買い求めください。

(リンク) http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00HOTLXKQ/den2-22/

なお、kindle本は、専用端末でないと読めないと思いがちですが、アプリをインストールすれば、iPad, iPhone, Android端末など、すべてのスマートフォンデバイスでお読みいただけます。ぜひアプリをインストールしてお試しください。

学生の皆さんには、シゴト選びについて書いたこちらの書籍もぜひ。

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内