代替医療のトリック

代替医療のトリック代替医療のトリック
著者:サイモン シン
新潮社(2010-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

サイエンスライターとして、数々のベストセラーをたたき出しているサイモン・シンの新作。遅ればせながら読了。
いままでは、「フェルマーの最終定理」「暗号解読」「ビックバン」という数学・物理テーマだったが、今作は医療がテーマ。
代替治療という非常に闇が深いテーマに切り込んでいる。



前作までは、テーマに関連する歴史を掘り下げながらのドラマティックな語り口が印象的だったが、これはうってかわって、事実をベースに批判的な啓蒙書といったところか。
徹底的リサーチをもとに、代替治療の問題点を的確に指摘した本といえよう。
著者のこの問題に関する意気込みが伝わる。

なかでもホメオパシーに関する指摘が面白い。
ホメオパシーでつかわれる30Cというレメディ(薬)は、もとの成分を100の30乗にうすめたものだとか。100の30乗というのは、10の60乗。つまり、1のあとにゼロが60個つづく薄め方だというものだ。これは、一滴の薬を地球上に存在するすべての海水に薄めたよりもはるかに薄い。レメディのなかに有効成分が、ただの1分子たりとも存在してないのは明らかだ。
ただの水と同じもので、病気を治療しようとするのだから、効果がないのは明らかである。

その他、カイロプラクティック、鍼療法についての効果も詳細に検討している。ハーブ療法については、予期せぬ副作用についての注目すべき警告がある。

本書の結論として、ほとんどのあらゆる代替治療はプラセボ効果以上のものはなく、通常医療とくらべて選択するものではないという結論になっている。

問題は、なぜそれなのに代替治療を選ぶひとが少なくないのか、そこにあるはずだ。
著者はその理由について、本書では踏み込んでないが、私なりの考えがある。

思うに、医療とは、まさに医療だけであって、癒しや、心の問題をあつかってない。医者は、身体を直すことはできても、患者の心を癒すことはできない。そこに代替治療が広がる隙間がのこっている。

代替治療は、逆に言えば体を直す医療効果はない。しかしながら、体を直すことができなくても、心を癒すことができる。ほとんどの代替治療のセラピストは、患者に対して心温まる対応をする。

医療の範疇でないことについて、なにか他のもの例えば信仰などがケアするのが本来なのだろうが、現代社会は医療の範疇でないことがらまでも医療の責任におわせる。そこの根本的問題があるようにおもえてならない。

患者はどうしても心のケアまでも医者にもとめてしまう。医者は心のケアは仕事ではないと考えている。とりわけ日本では、確固たる信仰を持つ人がすくないため、心のケアの部分を、すくなからず医師に求めがちなのかもしれない。医療と信仰の問題がクロスオーバーしてしまう領域に代替治療がある。

著者が主にとりあげているのは英国での事情で、英国ではすくなからずキリスト教的バックグラウンドがあるので、信仰による心のケアがあるはずだが、それでも多くの代替治療が信仰的につかわれている。それほど根が深い問題だということだ。

代替治療についての正しい知識を得るとともに、現代の医療と心のケアの問題に関心を抱かせるという意味で、基礎となる必読書だろう。

お勧め★★★★

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内