同じ給与なら一生懸命働かないほうが得

数日前のテレビで、コンビニ店長が気の利かないバイトをどうするかみたいなのをやってた。率先して棚割りなどを考えて、バイトから昇進してきた店長と、「同じ給与なら一生懸命働かないほうが得」というバイト。意識ギャップは大きい。

バイトは働かないとクビになるので簡単な話ではないのだが、働かないほうが得という考えはどんどん若者の間に広がっている。終身雇用と、個人主義の悪いところだけをミックスした状態になっている。

終身雇用というのは、ご存知のとおり定年までの長期雇用を約束したもので、若いときは賃金が安く、35歳くらいから賃金カーブが上がる。50歳くらいでピークとなり、仕事はどんどん楽になるので、若い時の苦労が報われるという方式だ。

若いときに、会社への貢献よりも安い給与ではたらき、いわば会社に大して貯金する。その貯金を50台で引き出すという制度だ。まるで年金みたいなものなのである。

ただ、現在は50歳以前に、40歳くらいで賃金がピークとなり、役職が上がらないとそれ以上の上昇が見込めなくなるような制度も多くなっている。役職(ポスト)の数は限られるから、40で賃金が頭打ちになる。

一方で、若い時にそのぶん給与がふえるかというとそうではなく、リーマン・ブラザーズの新卒が年収700万くらい貰っていたのに対して、都銀の給与は300万円台である。

それに気づいた若者は、あえて働かない、頑張らないということで反撃にでた。
若いうちは、自分の働きより、支払われる賃金が少ないのだから、なるべく働かないことが合理的である。働かなくても給与は一緒なのである。

もちろん若いうちに働かないやつは将来出世できないというのは真実だ。働かない若者に対する最大の反論はその点にあるが、出世できる現実性が薄れていってしまって、もはやリアリティをもたない。40歳で賃金が頭打ちになり、ポストもない現状をみて、若者は絶望している。そもそも20年後に会社が存続しているかどうかもわからない。高度成長はおわったのだ。
「若いうちにはたらけば、将来いいことがある」と説いている「あがり世代」の50代の意見など、真実味など全くないのだ。

これは、年金と同じ理論だ。年金はすでに、ほとんど破綻しているのに、若いうちに年金をかけておけと老人にいわれても「アホか」と思うばかりだ。若者の掛け金は現在の老人に支給されているだけなのだ。
若い会社員が一生懸命働いて稼ぐお金は、50代のノンワーキングリッチの給与に消えていく。これが馬鹿馬鹿しさの本質だ。


【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内