貴方は世界記録をもっていますか?

貴方は世界記録をもってますか?
え、もってない?

私持ってますw

私が持っている世界記録は、北緯45度、東経104度のピッタリまさにその場所に世界で初めて立ったというものです。申請をしまして、認められました。

モンゴルの砂漠の中で、あたりはもちろん誰もいません。
ジープにのって、8時間くらい運転してたどり着きました。

僕はこの記録がとても好きです。
何しろ、世界で最初の記録ですから。あたらしもの好きなんですよね。

この記録ですが、ピッタリ北緯45度00分00秒と、東経104度00分00秒のになる交点に立ちましょうというプロジェクトの一環です。緯度と経度はなんでもいいのですが、とにかく整数でピッタリ、小数点以下端数なしの地点に立ちましょうということです。


緯度は北と南に90度づつ、合計180度、経度はぐるっと一周360度。180x360=64800のピッタリ地点があるわけです。もちろん地球は大半が海ですので、この交点が陸地にある割合はもっとすくないです。
その一つ一つを最初に訪れましょうという冒険です。

こういうとまあ一つのゲーム的なものなのですが、僕がこの話から学ぶのは、クリエイティビティです。緯度と経度が交差する地点なんて、過去に注目されたことがありませんでした。それが携帯型GPSの登場で5mくらいの誤差で現在地点がわかるようになり、緯度と経度が整数になるポイントというのがある種おもしろい意味をもってきたのです。

それを世界で初めて訪れましょうというゲーム設定をした瞬間に、世界中に64800地点ものフロンティアが現れてしまったわけです。

エベレストが登られ、北極点、南極点が制覇され、3つの極が制覇されたあと、世界にはもう冒険すべきところはないといわれました。
しかし、ある日突然このアジェンダ設定によって、64800地点ものフロンティアが現れてしまったわけです。

ぼくはこれに感動したんですね。
冒険とはクリエイティビティなんですね。
あたらしい挑戦は、自分で設定して、クリエイティブにつくることが出来るんですね。
たとえ、世界に未踏の地点がほとんどなくなった今でも、想像力次第で、あたらしいチャレンジの目標を作ることができるということです。そしてそれにみんなが賛同し、面白いと思えば、それを達成することが一つのチャレンジとして認められるわけです。

だから、世界記録をもっていますか?と聞きました。
エベレストを登るのはもう、無酸素で登ったとか、冬に登ったとかも、いわるゆチキンレース、ラットレースです。そこに参加してはいけない。
新しいルールは、自分でクリエイティブする。そしてそれを皆に伝えていく。面白いと思う人がふえれば、それがひとつのチャレンジ目標になる。

そして、自分が世界で最初の達成者になる。

そうして、世界記録を作るんだと思います。

死ぬまでにあと2つ、世界記録をつくろうとおもいます。わくわくするなあ。




ここがモンゴルの砂漠のどまんなか。360度、あたりには山もなく水平線が果てしなく続く。


GPSのの数字、ピッタリ、北緯45度、東経104度の地点です。


この記録は3人で行い、3名が達成者として記録されました!

続きの、ご意見、コメントは、ぜひfacebookのファンページ(http://www.facebook.com/tetsuyuki.oishi)で

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内