三浦雄一郎さん「ヘリ下山」で記録の価値が変わるのか?

プロの登山家でもないので、こういったことを私がいうのは適切かどうかわかりませんが、登山の記録ということについて、多くの方が勘違いをしていて、ひどい言葉を見つけます。とても悲しいので、すこし書かせていただこうとおもいます。

まず三浦さんの場合、記録が世界最高例登頂というものです。

これは、初登頂とか、無酸素とか、バリエーションルートとかの記録とちがって、かなり相対的なものです。人間、年齢によって体力も違うし、一概に80だから75だからといった具合で一律に記録の価値を測るようなものでもない。

それに80歳の登山者がひとりで登れるわけでもない。サポートスタッフや周りのひとの協力あっての登山で、そしてサポート隊の力量も登山の成否に直結しています。

無酸素とか、ソロとか、バリエーションルートとかとの登山スタイルをめぐる競争ではないので、記録の性質がちがいます。ですから、誰のサポートをどれだけ借りたかということはあまり議論してもしかたない。

最高齢という記録の意味においては、ただひとつ、80歳の人間が登頂したかどうかのみが記録の意味を構成します。年齢による初登頂記録ということで、登山の手段を問うているのではないからです。だから、三浦さんが登頂した時点で、万事OK。下山においても厳密にベースキャンプまで歩いて降りてこないといけないということではないのです。

そして、そもそも「登頂」の定義ですが、登頂成功というのは、頂上に達すればとにかく万事OKなのです。言い方は悪いですが、下山途中に遭難して助けられても、下山中に死んでしまっても、頂上を踏んでいれば、それは「登頂」としてあつかわれます。

マロリーはエベレストで死にましたが、彼が死ぬ前にエベレストに初登頂したのかどうかが、長年の登山のネタとして問われるくらいですから、とにかく、頂上に達したのかどうか、その一点に価値が集約されているのが初登頂とか類の考え方といえましょう。

なので最高齢登頂という記録の性質からして、ムリにベースキャンプまで自力下山する意味もありません。登った時点で、十分目的は果たせているのです。ヘリをつかったからというって、最高齢登頂という記録の性質上は、記録の価値はかわりません。

もちろん、まっとうな登山者ならだれでも自分の力で最後まで、ベースキャンプまで降りたいと強く願いますし、そのほうが気持ちいにきまってますから、みんななんとかしてそうしたいと考えます。でも、そうでなくても、記録の意味は変わらないし、安全や体調のリスクを天秤にかけてまで、自力下山を追求する意味があるのかということなんだと思います。それを「ヘリで帰ってきて登頂に意味があるのか」と言うのは、的外れとしかいいようがありません。

ということでまとめでした。

今回の登山では私も力をもらいました。一人のファンとして、三浦さんの登頂の成功に心からおめでとうの言葉を伝えたいし、本当に勇気をもらいます。

80を超えてなお、自分の夢や理想を描いて、それにむかって邁進する姿。老いてなお、心のそこから湧き上がる思いを大切にして、それに向かっていく姿。夢を求め続ける三浦さんが好きなのです。

僕も死ぬ間際までそのような姿勢でチャレンジしていきたいです。

三浦さんは僕のヒーローです。

三浦さんの、新しい挑戦をたのしみにしています。

CIMG0664

(写真は私がエベレストベースキャンプにいったときのものです)

 <追記>基礎知識。これを知らないと多分わからない。
ヘリコプター使うなら、ヘリコプターでのぼって降りてきても登頂だろ?そんなの意味ねえだろう。次は頂上付近までヘリでいって降りてこい。これは、8000mといった高所登山の事情をしらない、おおかたの人の「勘違いしている」反論です。

(1)ヘリコプターは8848mまで安定して飛べません。最新機種は飛べるものもあるようですが、静止して人を降ろすというようなことは、そのような高度では、事故る可能性があり、足でのぼるより危険です

(2)仮にヘリコプターで、8848までいっても、急激な気圧の差によって、1,2分で意識を失い倒れます。(宇宙服みたいなのを着てれば別ですが)。なので、人間は徐々に高度に体を慣らせて、2ヶ月もかけて頂上まで登るんです。これが高度順応というものです。

(3)じゃ、どこまでショートカットしてもエレベスト登山っていえるのか、っていえば、究極のことをいえば、サウスコル(8000m)から頂上(8848m)のあいだです。この間の往復がエベレスト登山の本質なわけです。8000mから先が本番で、8000mまで降りてくるのが帰還。
ヘリコプターで上部まで容易にいけるようになったとしても、登山者は、登山というためには8000mから頂上の間は自分で昇り降りすることになるでしょう。

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内