批判めいたmentionしてくる人々の分類

最近、ツイッターのタイムラインで揉め事が頻発しているのを見かける。

そこで、mentionのタイプを幾つかに分類してみたのが上の図。
指摘内容のまともさと、mentionの姿勢によって、コンサル風にマトリクスにしてみた。
これで、どのように振る舞えばいいのか、ちょっと考えてみよう



①害のない人
指摘はまるで的外れであるが、丁寧で腰の低い人。
mention内容がピント外れであるため、返答しようにも困ってしまうが、丁寧な発言であるので、怒りが湧くわけではない。
華麗にスルーしておけば良い。

②ヤバい人
とつぜんえらい失礼な物言いで食って掛かってきて、さらに発言内容までヤバい人。これは狂気そのものである。これは躊躇いもなくブロックしておこう。

③よき批判者
丁寧に、間違いや問題点を指摘してくれる人。
発言姿勢が丁寧であり、発言内容も的確な人である。
こういう人に指摘されたら、ムキにならずに、素直に誤りがあればそれを認めたり、問題点について指摘してくれたことを感謝しておこう。
よい批判者は、よき支援者やよきアドバイザーとなり得る。

④炎上の種
TLが荒れるのは、このタイプのひとが出現するからだといっていい。①~③しかいなければタイムラインは荒れない。炎上はもっぱらこの④のタイプによって引き起こされる。

このタイプのひとは、けんか腰で食って掛かって、バカとかアホとか、失礼な物言いから始める。
ただ、よくよく発言を見てみると、根拠が無いわけではなく、ある程度的を得たな問題点を投げかけていたり、中には、しっかりとした批判であることも多い。
失礼な物言いさえしなければ、とてもアタマの切れるひとになるわけだが。

これに対し、Mentionをもらった方は、
まず失礼なもの言いの時点でカチンときてしまって、話の内容を吟味する前に、喧嘩を買ってしまう。

「どちらがバカかみなさんはお分かりですよね。何様なんでしょうか RT @hogehoge ○○○って真性のバカだなこいつ」

こうなると炎上まっしぐら。そのうち、メンションしたほうにも味方が現れて、両陣営に支援者がつき、まるで原発論争のように・・。

<つぶやく方(発言者)の言い分>
・失礼な物言いで食ってかかるというのは人間性からしておかしい。
・このような人の話は、どんなものであれ聞く必要はない。
・まずは、その言い方を改め、失礼を謝罪してからでないと始まらない。
・勝手に食ってかかってきたひとに、全部丁寧に答えないといけない義務などどこにもない。私はそんなに暇でもお人よしでもない。

<Mentionした人の言い分>
・おかしいものをおかしいといって何が悪い。
・内容は的確であり、批判を逃れるつもりなのか
・都合の悪いことを指摘されると無視。挙句の果てに議論を封殺。コミュニケーションしようとしない。

・議論を避けて、自分の誤りを認めないアホは、やっぱりアホだ。どっちがアホかわかっただろう。


こうなると炎上です。

さらに双方に味方が登場

<発言者側の味方現れる>
・あのようなアホを相手にして、○○さんの時間を無駄にする必要はないです。
・礼儀作法がなってないひとは、もっと晒し者にしてやったほうがいいんです
・○○さんと友人です。僕は○○さんを支援します

<Mention側の味方が現れる>
・批判者は結構まともなこといっているじゃないか。発言者は逃げてるな。たいしたことないな。
・発言者のまわりは感情だけで応援している”信者”や”身内”ばっかりだな。はっきりいってキモイな。

そして、大炎上となる。

解決策は論理的に考えて、つぎの2つのどちらかしかありません。

・mention側が大人になって、言葉遣いを謝り、再度整理して批判をつづけるか、
・発言者側が大人になって、言葉が悪い部分をスルーして、論点のみを取り上げるプロのファシリテーションを展開するか。

おたがい、自分だけが折れるのはなんなので、
・言葉遣いはあやまる
・そのかわり批判点についてはちゃんと取り上げてちゃんと解答する
この両方をセットで一緒におれませんかと第三者が仲介するのがよいのでしょう。

実際は、エスカレートして、最後はブロックしあうということになる場合がほとんどのようですが。


●記事に共感いただけましたら、(@tyk97 ) もフォローください!

●これらのキーワードに関心ございませんか?

  ノマド、海外移住
  新興国に住む、、新興国で働く、新興国で会社を作る
  グローバル化、グローバル時代の生き方
  デュアルライフ、デュアルジョブ、マイクロ起業

 1つでもピンときたら、会員制サロン tyk projects でお待ちしております。 ⇒ご入会案内

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内