評価経済社会と会社社会を比べたら気分が悪くなってきた

評価経済社会と、会社社会の対比!

お金を持っている人よりも評判を蓄積したひとが偉い ≒ マネジメント能力や稼ぎではなく社内で信頼の厚い人が出世する

お金を得るより評価を得ようとする ≒ お金を稼ぐより社内評価を得ようと画策する


貴重な評判をめぐって競争が始まる ≒ 貴重な社内の椅子をめぐって根回し合戦が始まる


評判を得ることが第一目的になる ≒ 社内に貢献することが一番の目的になる

社内で評判を失うことはすなわち窓際 ⇒ 評判社会で評判を失うことはすなわち死

しかし、窓際になってもやめたら食えない ⇒ 他のコミュニティで再起を図ろうにも、ネットに過去の発言などが全部記録されちゃってるから、もう再起できない

リスクを取ってまで新しいことに挑戦する ⇔ 評判が傷つかないように慎重にリスクを排除する


みなさんは、すでに日本企業という狭いコミュニティのなかで、評価経済ゲームをしてますから。
評価経済先進プレイヤーなんですよ。
で、そんな会社は一刻も早く辞めたいんじゃなかったけでしたっけ?え、でも評判が傷つくからやめられない?おーこわ。

僕は、人間チャレンジできて、失敗しても再起できて、みんながオープンにフェアに暮らせる社会が理想だと思っています。


ツイッターのご案内:
いろいろ考えてつぶやいています。記事に共感いただけましたら、ぜひtyk97のツイッターもフォローください


【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内