人におすすめってなんですかって聞くと、「黒毛和牛コロッケカレー」をススメられるんですよね- 高い材料でもりたてた普及品ではなく、普及品をもり立てるという粋のセンス

人におすすめってなんですかって聞くと、たいがい「黒毛和牛コロッケカレー」をススメられるんですよね。

すげーセンスがないとおもいます。

「黒毛和牛コロッケカレー」というのは、僕の用語なんだけど、単に高い材料でもりたてた普及品のこと。

A4の黒毛和牛で作ったコロッケに、子羊を1週間煮込んだ最高のフォンドボーをベースにした欧風カレーをあわせて、5000円なりみたいな。

はっきりいって下品です。
そして、そういうものばかりが巷にあふれているのが我慢なりません。
素材には、素材なりの生かし方がある。A4黒毛和牛でコロッケをつくるのは下品です。
コロッケは70円くらい。コロッケカレーは380円くらいであるべきです。
同じように、素人が築地にいって高級魚を仕入れて、ホームパーティーでそれを下ろして寿司を握るのは最悪です。

僕は仕込みに1日かかる料理は決してしませんし、材料費が数千円を超える料理も決してしません。
そういう料理は、行きつけの寿司屋や、フレンチがありますので、マスターに作っていただくことにしています。

もう一つの方向性としては、
CoCoイチのカレーを盛りに盛ってしまった結果、2500円にもなりました
というのがあります。
これに関しては僕は全力で賞賛したい。真に賞賛すべきことをしていると思います。
記事に共感いただけましたら、ぜひtyk97のツイッターもフォローください

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内