履歴書は手書きにすべきか?-古くからの論争に終止符を打つ最終結論

履歴書は手書きにすべきか?

毎年就職シーズンになるとこの話題が持ち上がる。
そして、手書き派と、Word派で激論に。ウンザリなので、僕が最終的かつ完璧な結論を提示しておく。

結論としては、Wordで良い。

僕の会社はマネージャ層の人材のビジネスをしているが、中途採用においては、手書きの履歴書などを顧客企業におくったことなどはタダの一度もない。
応募者の管理は、当然PCでしているだろうから、ファイルで管理できない手描きの履歴書などは全くもって迷惑千万である。

僕の会社への応募でも、時々学生で紙の履歴書を持ってくるひとがいるが、これはスキャンせねばならないので、面倒だ。つきっ返して、ワードのものをあとで送るように言っている。



それに、どんなに丁寧な文字で書かれていても、手書きは読みにくい。タイプされた文字の読みやすさにはかなわないだろう。大量の履歴書を読む人事にとっては、読みやすいというのはとても大事なポイントである。

いや、ちがう、そういう実務上の問題だけではなく、選考に必要だという反論もある。
手書き派の持論はたいがいこういうものだ。

– 人となりがわかる
– 漢字が書けるか、丁寧な文字が書けるかが大事である
– 手書きは心がこもっている
– 応募に際しての熱意が判定できる

なんとも日本的だ。
これを見るとわかるように、どれもが、応募者の経験や実績というものを判断する視点とはかけ離れたものだ。
もちろん、漢字や丁寧な文字がかけたほうがいいが、それが仕事を行う上でどのくらい重要なのだろうか?「手書きの文字で感謝レターを書く仕事」みたいなのでない限り、どうでもいいのではないだろうか?
もしそれが非常に重要でテストしたいのならば、別途、手書き文字を書いてくださいという宿題をださせればよく、履歴書自体はwordで構わないはずだ。

それでも、やはり、人となりや、熱意を知りたいという人事もいる。たしかに人となりや熱意は重要だろう。だが、それを判定するには、履歴書が適切だろうか?
ぼくは、履歴書の文字からひととなりなどわからないと考える。実際に面をむかって会ってみないとわからない。だから、履歴書の内容をみて、必要なら合い、人となりも判断する。
熱意だって、別途志望動機を書いてもらえば判定できることだ。中途の応募では熱意を示すのに志望動機書やカバーレターみたいなのを添えることがある。もちろんWordだ。

こういっても納得しないひとは納得しない。どうしても手書きの履歴書を見ないと、安心できない。心がこもったものが必要だ、面倒でも手書きで書く熱意が必要と強い意見をお持ちのかたがいる。ぼくは、もう、それはしょうがないと思う。説得したとしても無駄だ。

しかし、学生諸君、そのような手書きは熱意がある、心がこもっているとかのオカルトみたいなことをいって、合否判定の材料にするような非合理的な企業で働きたいだろうか?

これが一番大事なポイントである。
Wordの履歴書を嫌う会社も実在するのは確かだ。それを問題にするのではなく、重要な点は、そんな企業に入社したいか?という点につきる。

僕は、履歴書に心がこもっているか?熱意があるか?といった視点でしか人を判断できないような企業には入社しないほうがいいと思っている。入社したところで、所詮、熱意だけで出来るブラックな仕事しか存在しない。

学生には、常にWordの履歴書を使うように強くおすすめする。
そして、それがネガティブ材料と捉える企業には入社しないほうがよい。
Wordの履歴書はそういう情緒的な企業をあぶりだすリトマス試験紙にほかならない。
間違って、履歴書の丁寧さを人事評価基準にしている企業に入社するのを避けるためだ。

最後に、もちろん、Wordの履歴書でもダメな例はある。
Wordは、コピーが簡単だからといって、志望動機の欄がすべての企業で一緒だったりするものだ。画一的で、求人相手のニーズを捉えてない通り一遍の動機をすべての履歴書に書いている。志望動機をカスタマイズしないのは、文字通り「内容がない」ということで、これは、履歴書の中身を判定している行為であるから、別におかしくない。
よくあるのは、A社を志望しますというような、社名が残っているものをB社に提出してしまうことだ。こういうミスもダメである。
コピペ履歴書の問題は、中身の問題である。wordか手書きかというフォーマット論とは全く関係ない話のはずだ。 それを一緒くたにした議論が多すぎる。


⇒ 記事に共感いただけましたら、tyk97のツイッターもフォローくださいませ!


(追記)
逆の視点もある。手書き履歴書強要のブラック企業は、それを強要することで、おかしな慣習をおかしいと思わずに従う人材のみを網にかけることができる。そういう意味で、「手書きマスト」というのはブラック採用をする側にとっても重要なリトマス試験紙なのかもしれない。
求職者も手書き履歴書と熱意しかアピールできるものがなくなったら終わりだ。そうなる前に、なにか行動しておこう。


⇒ tyk97の知的実践コミュニティtyk projects が発足しました。ノマド、クロスボーダー時代のキャリア、デュアルライフ、マイクロ起業、新興国起業などの話題をリサーチ、実践しています。





【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内