ノマドと会社員の対立があんまりなんで、僕が本質を考えてみたから聞いてくれ

どーも。またノマドの話です。
ところで、ノマドの話をすると、すぐに会社員支持派から強烈な反論が来ますね、

すっかり、ノマドvs会社員みたいな二項対立構造になってしまっています。
なんだかなぁ、と思うのですが、ほんとになんだかなぁ。です。

すぐに二項対立になってしまう会社員とノマドの構図。これをどうにか解消できぬものか。
一生懸命、本質を考えましたよ。

そして! 本質が見えました(笑い)

二項対立がでてきたときは、あれ、弁証法ですよ、弁証法。
対立しているものを止揚して、高次の結論をだしちゃうんです。

大喜利のように考えてみたんですってば。


ノマド vs 会社員と掛けて


弁証法と解く、


その心は?

ズバリ、

「成功できるかどうかが大事だ」

成功ですよ、成功。

会社員でも、成功したひとと、成功してないひとがいるでしょう。会社員が自動的に成功できるわけでもなく、ノマドが自動的に自由に働けるわけでもない。

まず、会社員を考えますわ。

きっと、安定してよい給与をもらって、ライフワークバランスも保てて、大きな会社ならではの特典(福利厚生)などを得て、しかも個人じゃできないような大きな仕事ができて、部下と同僚に恵まれ充実している。
これ大成功ですよ。
だれも文句はいいません。うらやましいです。

でも、失敗サラリーマンもいますわ。
ブラック企業につとめ、毎日終電まではたらき、残業代ゼロ。ノルマばかりきつくて、給与は安い。身体を壊しそうになるが、他に仕事がないので、やめられない。他の社員もほとんど鬱になりそうであるが、社長だけは鬼のように威勢がいい・・・。もう、ヌケダシタイ・・。死にたい・・・
これ、失敗ですわ。
会社員でも、こりゃだめですわ。最悪ですよ。

じゃ、ノマドではどうでしょう。

自分のブランドを確立して、高単価のしごとがひっきりなしに入ってくる。単価が高いので、はっきり行って収入はサラリーマン時代の3倍になった。仕事量は多いけど、それでもサラリーマン時代よりは働いてない。なにより、自分の名前で仕事ができるから、充実しまくり。人生楽しい。

ネットで定期的な収入を得られる仕掛けをつくって、世界を旅する。自由な時間が大量にできた。いままでは家族・子供と接する時間がほとんどなかったけど、いまではほとんどの時間を家族と過ごしている。やりたくないことはしなくていい。人生はなんて豊かなんだ。

これ、大成功ノマド。こんな生活うらやましくて、しょうがない。この生活に文句ある人いる?いたら相当ひねくれているか、何かトラウマでもあるのかもしれない。

一方で失敗ノマドもいる。
会社をやめてからジリ貧。ろくな仕事がなく、実力もないから、労働環境は悪化するばかり。それで、バンコクに外こもりにいってみたけど、クスリに手をだして、完全沈没だわ。半分ホームレス。でもまあこの国はそんなのも結構多いから、どうでも変わらんわ。あ、この前ヤバイ病気ももらったみたいだわ。まあ、どうせ死ぬんだから、どうでもいいや。
こんなのには誰もがナリたくないでしょう。オワコンです。

要するに、会社員であろうと、ノマドであろうと、成功したら最高だし、失敗したら最悪だってこと。
会社員、ノマドという形態が重要なんじゃなくて、成功するかどうかが最も大事だ。
だから、単に、どちらのスタイルを選んでいるにしろ、そのスタイルでの成功を目指せばいいんじゃないの?そうしたらべつに会社員だろうがノマドだろうがどっちでもよくないか?

人には向き不向きもあるし、会社員では芽がでなかったひとが、ノマドスタイルでは芽がでるかもしれないし、逆もあるかも。
会社員、ノマド、というスタイルは多様性。ほかにも、起業とか、プロフェッショナル(弁護士など)みたいなスタイルもあって、それが横軸。縦軸は、それぞれのスタイルで成功するかしないか。

単に、横軸の幅に、ノマドがひとつ加わっただけ。くらいに思っておいてくださいな。
腑に落ちてくれるといいんですが。

#本文でのノマドの意味は「会社に属さず働く人」くらいの意味合いで使っております。
#なお、私が常々いっているノマドの文脈は、「場所・時間・お金からの自由(とらわれない)を志向するライフスタイル」という意味で、そういう生活が得られるように工夫してノマドとして成功しましょう、ってことを言ってます。
なお、この意味でのノマドライフスタイルを研究・実践する会員限定コミュニティtyk projectsを主宰しておりますので、ご興味ありましたらどうぞ!

記事に共感いただけましたら、tykのツイッターもフォローくださいませ!

【ノマド研究所5期会員募集のお知らせ】人生は短いです。あーやりたい事があるのに、何か思い切って一歩を踏み出せない自分にいらいらする、もっと自由に生き見たいのに。ノマド研は、ノマド的な生き方を志向するひと、ノマド的な生き方を実践するひとのネットワークです。400名以上の価値観のちかいメンバーと一緒に語らいましょう。⇒ご案内